芦屋学園短期大学からのお知らせ

平成25年度 学位記授与式が挙行されました。

2014年03月14日(金)

2014年3月14日(金) 10:30~
♪春は名のみの風の寒さや♪という早春賦の歌詞の通り少し肌寒い気候でしたが、卒業生たちの前途を祝すような澄みきった青空の下、短期大学ホールに於いて、「平成25年度 学位記授与式」が挙行されました。
平成23年に新しい名称「芦屋学園短期大学」となって2年目平成24年度の入学生であった学生たちが、本学53回目の卒業生となりました。平成23年は前身である芦屋女子短期大学の開学から50年を経て本学が男女共学化し、幼児教育学科単科の短期大学として新たなスタートを切った年でした。その2年目、完全共学化された年の入学生たちが、晴れて本学を卒業してまいります。

国歌斉唱、学科総代への学位記授与、褒賞・賞状授与、学長式辞、芦屋学園理事長祝辞、芦屋カレッジ同窓会会長祝辞、在学生代表送辞、卒業生代表答辞と、伝統に従い粛々と進行し、フィナーレは♪仰げば尊しと♪カレッジソングを斉唱して学位記授与式が滞りなく終了致しました。
式典終了後、宮野良一学長から改めて一人ひとりに学位記が授与され、55名の卒業生たちは2年間の思い出を胸にそれぞれの新しい人生の舞台へと巣立っていきました。