芦屋学園短期大学からのお知らせ

「防災に関する講話」が実施されました。

2014年07月24日(木)

2014年7月24日(木) 12:10~
短期大学講義室1に於いて、芦屋市都市建設部防災安全課の方を講師に招いて、「防災に関する講話」を実施しました。
講師の方(現在、芦屋市都市建設部防災安全課)は、元々芦屋市消防本部で救助隊(レスキュー隊)に所属し、1995年の阪神淡路大震災、2005年JR福知山線尼崎駅付近で起きた脱線事故、そして2011年3月の東日本大震災のすべてで救助活動に参加した経験を持っておられます。今回の講話では、大変悲惨な震災の様子なども含め、その実体験に基づく貴重なお話を伺うことができました。