芦屋学園短期大学からのお知らせ

【短大ガイダンス】「赤ちゃん先生」がやってきた!

2015年04月22日(水)

2015年4月22日(水)10:00~(1年生10:00~11:30、2年生12:10~13:40)
短期大学本館2階講義室に於いて、1・2年生全員を対象とするガイダンス「赤ちゃん先生」が実施されました。

今回のガイダンスの目的の一つは「赤ちゃんとの関わりを通して感覚的に学び、自己肯定感を育む」こと。学生たち自身が赤ちゃんの時、お母さんやお父さんなど周りの人からどんなに愛されていたのかを追体験し、自分を肯定的にとらえるようにする・・・というものです。
この試みはNPO法人ママの働き方応援隊 阪神東校の皆さんによるプログラム。

生後2か月ほどの乳児から、ヨチヨチ歩きのできる2歳くらいの幼児まで17人の赤ちゃんたちと14人のお母さんから多くのことを学ぶことができました。お母さんたちのリアルな「育児体験談」を聞けたことは学生たちにとって、とても有意義な経験となったことでしょう。

学生たちも、最初は少し緊張しながら接していましたが、徐々に慣れていき、ガイダンス後半には抱っこバンドやベビーカーに赤ちゃんを入れて中庭までみんなでお散歩・・・。最後まで名残惜しそうに赤ちゃんと触れ合っていました。