芦屋学園短期大学からのお知らせ

【短期大学】「赤ちゃん先生クラス」第1回実施

2015年06月10日(水)

2015年6月10日(水)12:10~
短期大学本館2階講義室に於いて、「赤ちゃん先生クラス」育児体験の第1回(現実の赤ちゃんの姿を知る)が実施されました。この授業は、大谷ゼミ、木下ゼミ2年生卒業研究の学生を対象に全5回で行われる予定で、「しなやかで強い保育者を育てる」ことをテーマにしています。

第一回目となる今回の授業では、学生2人に赤ちゃんとママ1組で、まずはお互いの趣味や好きなことを話しながらコミュニケーションをとって距離を縮めていき、赤ちゃんが慣れてきたころ、グループごとに食事を食べさせる、おむつを替える、絵本を読む、散歩をするなどの育児体験を行いました。
最初は、学生を見て泣いていた赤ちゃんに戸惑う姿もありましたが、少しずつ慣れて一緒にアリを追いかけたり、ボール遊びをしたり、笑顔で積極的に関わる姿が見られました。母親の大変さや赤ちゃんの力の素晴らしさを改めて感じる貴重な体験となりました。