芦屋学園短期大学からのお知らせ

【短期大学】2015年度「卒業研究発表会」を実施

2016年02月15日(月)

2016年2月15日(月)10:00~12:15
短期大学ホールに於いて、2015年度の「卒業研究発表会」が実施されました。

【卒業制作展示】
会場となった短期大学ホールの壁面近くには、や「フェルトやタオル素材を使った人形や絵本(小西ゼミ)」「0歳児保育の課題と実践(山田ゼミ)」「幼児教育と情報機器との関わりについての研究(竹田ゼミ)」など数多くの卒業制作作品や研究発表がゼミナール毎に展示されていました。

【研究発表】
小西ゼミの学生が「とんでいった麦わら帽子」を披露したのに続いて、平井ゼミの学生による論文発表「Communicationについての考察」「外国籍で日本語を母国語としない保護者とその子どもへの対応策~私たち、保育者ができることは何か~」、木下ゼミの学生は「制作を通して学ぶ、赤ちゃんとのかかわり」と題する制作発表を行いました。最後は大谷ゼミの論文「子どもと遊び」、「自然の中の子育て」、「食育について」、「赤ちゃん先生と僕たち」が発表されました。

【卒業演奏】
阪本ゼミの学生たち8名による卒業演奏会では、ピアノの演奏で、クラシックから、J-POPなどバリエーション豊かな作品の美しい演奏が素敵な衣装と共に披露されました。