幼児教育学科教育の特長

現役の園長先生を迎えての講義、保育施設での実習など、実践的な学びを提供

「児童福祉」「乳児保育」「発達心理学」など、子どもたちの成長に必要な知識を修得。
本学園の卒業生である幼稚園・保育園長を講師に迎え、現場の意見を踏まえた、より実践的な授業を行っています。
ピアノやリトミック、器楽、音楽リズム、図画工作などの演習も豊富に設定しています。

手あそび
手あそび、指あそび、器楽合奏等、現場で必要な音楽を学びます。
幼児理解の理論・方法
子どもの視点に立ち、子どもの内面から子どもの理解を深める方法について学びます。
ピアノ演習
グループレッスンと個人レッスンの両方を受講。個々のレベルに応じて技術を磨きます。
卒業研究
論文発表、作品展示、卒業演奏会等色々な形で卒業研究発表を行います。
学外実習徹底指導
保育実習・教育実習などの学外実習参加に必要なマナー、子どもや保護者への関わり、また保育者として自覚を持ち実践に取り組む姿勢について学びます。
学外実習
幼稚園、保育所など学外での実習は、実際に子どもたちと触れ合う貴重な体験です。

幼児教育学科 共通ガイダンス

赤ちゃん先生
NPO法人ママの働き方応援隊に協力いただき、赤ちゃんから3歳までのお子さんが「赤ちゃん先生」になって授業を行います。