教員紹介

木下 隆志
学科名 幼児教育学科
役職名 准教授
英文表記 KINOSHITA.Takashi

担当科目

社会福祉
児童家庭福祉
相談援助
保育相談支援
保育実習指導Ⅰ事前
保育実習指導Ⅰ事後
保育実習指導Ⅱ
保育実習Ⅰ
保育実習Ⅱ

<科目系列>
社会学

<専門研究分野>
幼児教育
保育
保育者養成

称号・学位・免許資格

東洋大学大学院修士課程
社会学修士
兵庫県立大学修士課程
経営学修士(MBA)
社会福祉士
精神保健福祉士
介護福祉士
介護支援専門員
児童福祉主事任用・児童指導員

所属学会等

日本保育学会
日本社会福祉学会
日本地域福祉学会
日本ソーシャルワーク学会
日本教育実践学会
日本精神保健福祉学会
日本公衆衛生学会
日本病院管理学会
日本介護情報学会

社会活動

平成28年度
 尼崎市差別解消地域協議会会長(平成28年~現在に至る)
 芦屋市差別解消地域協議会会長(平成28年~現在に至る)
 手をつなぐ育成会 ガイドヘルパー研修(平成28年11月)
 中央法規主催介護福祉士模擬試験研修(平成28年11月、12月)
 芦屋市権利擁護研修(平成28年10月)
 西宮市権利擁護研修(平成28年11月)
 こぐまクラブ(知的障がい者支援施設)研修(平成28年12月)
 尼崎市障害者自立支援協議会会長(平成24年~現在に至る)
 尼崎市社会保障審議会障害者福祉等専門分科会委員(平成24年~現在に至る)
 宝塚市障害者自立支援協議会会長(平成24年~現在に至る)
 芦屋市障害者自立支援協議会副会長(平成23年~現在に至る)
 NPO法人 こころ安心Light・こあら 理事(精神障碍者支援団体)(平成23年~現在に至る)
平成27年度
 和歌山県介護施設開設者研修(平成27年9月)
 和歌山県介護施設管理者研修(平成27年11月)
 尼崎市障害者自立支援協議会会長
 尼崎市社会保障審議会障害者福祉等専門分科会委員
 宝塚市障害者自立支援協議会会長
 芦屋市障害者自立支援協議会副会長
 社会福祉法人 芦屋メンタルサポートセンター理事(精神障碍者支援団体)
 NPO法人 こころ安心Light・こあら 理事(精神障碍者支援団体)
 和歌山県介護支援専門員更新研修 (平成27年6月、9月、11月)
 和歌山県介護施設開設者研修(平成27年9月)
 和歌山県介護施設管理者研修(平成27年11月)
平成26年度
 高大連携事業出張授業講師 芦屋学園高校(平成26年6月)
 和歌山県介護支援専門員更新研修 (平成26年6月、9月、11月)
 和歌山県介護施設開設者研修(平成26年9月)
 和歌山県介護施設管理者研修(平成26年11月)
 西宮市権利擁護研修(平成26年10月)
 芦屋市権利擁護研修(平成26年9月、11月)
 神戸市虐待防止研修(平成26年4月、8月、11月、27年2月)
 手をつなぐ育成会 ガイドヘルパー研修(平成26年11月)
平成25年度
 和歌山県介護支援専門員更新研修 (平成25年6月、9月、11月)
 和歌山県介護施設開設者研修(平成25年9月)
 和歌山県介護施設管理者研修(平成25年11月)
 西宮市権利擁護研修(平成25年10月)
 芦屋市権利擁護研修(平成25年9月、11月)
 神戸市虐待防止研修(平成25年4月、8月、11月、27年2月)
 手をつなぐ育成会 ガイドヘルパー研修(平成25年11月)
 中央法規主催介護福祉士模擬試験研修(平成25年10月、12月)
 兵庫県社会福祉協議会主催介護福祉士模擬試験研修(平成25年10月、12月)
平成24年度
 和歌山県介護支援専門員更新研修 (平成24年6月、9月、11月)
 和歌山県介護施設開設者研修(平成24年9月)
 和歌山県介護施設管理者研修(平成24年11月)
 西宮市権利擁護研修(平成24年10月)
 芦屋市権利擁護研修(平成24年9月、11月)
 神戸市虐待防止研修(平成24年4月、8月、11月、27年2月)
 中央法規主催介護福祉士模擬試験研修(平成25年10月、12月)

教育研究活動

<主要業績>
(学術論文・単)専門職に対するOFF-JTの特徴と有用性に関する研究
        -「看護必要度」指導者研修の受講者の基本属性の分析から-
        平成29年3月 兵庫県立大学経営研究科修士論文
(学術論文・単)病院における看護専門職研修の実態と今後の課題
        -「看護必要度」研修受講者の基本属性の分析から-
        平成28年9月 兵庫県立大学経営研究科商大レビュー
(学術論文・共)介護保険制度の地域包括ケア移行期に伴う障害者支給決定ガイドラインの検証
        -ガイドライン下における多職種連携を考察する-
        平成28年3月 芦屋学園短期大学研究紀要第42号 27-40頁

<業績>(平成24年度〜平成28年度)
(学術論文・共・筆頭)保育者養成の質の向上につながる体験学習のしくみを考察する
           平成29年3月 芦屋学園短期大学研究紀要第43号 5-23頁
(学術論文・共)保育者養成校における「保育体験学習」の教育効果に関する一考察
        -保育体験学習は学生にどのような変容をもたらしているのか-
        平成29年3月 芦屋学園短期大学研究紀要第43号 25-43頁
(学術論文・共)保育者養成校における「体験学習」による学びの深化
        -体験内容の質的差異による学生の学びの認識から-
        平成29年3月 芦屋学園短期大学研究紀要第43号 45-62頁
(学術論文・単)専門職に対するOFF-JTの特徴と有用性に関する研究
        -「看護必要度」指導者研修の受講者の基本属性の分析から-
        平成29年3月 兵庫県立大学経営研究科修士論文
(学術論文・単)病院における看護専門職研修の実態と今後の課題
        -「看護必要度」研修受講者の基本属性の分析から-
        平成28年9月 兵庫県立大学経営研究科商大レビュー
(学術論文・共・筆頭)介護保険制度の地域包括ケア移行期に伴う障害者支給決定ガイドラインの検証
           -ガイドライン下における多職種連携を考察する-
           平成28年3月 芦屋学園短期大学研究紀要第42号 27-40頁
(学術論文・共)エピソード実習記録を用いた学生の学びの実情
        -記録時に感じる学生の困難感に焦点を当てて-
        平成28年3月 芦屋学園短期大学研究紀要第42号 41-60頁
(学術論文・共)乳幼児ふれあい体験における学生と母親の意識の変容
        平成28年3月 芦屋学園短期大学紀要41号17-32頁
(学術論文・共)「エピソード実習記録を用いた学生の学びの実情
         -記録時に感じる学生の困難感に焦点を当てて-」
        平成28年3月 芦屋学園短期大学紀要41号17-32頁
(学術論文・共)保育者志望学生の実習累積による変容過程に関する一考察
        -エピソード形式の実習記録からみる学生の学びと育ち-
        平成28年3月 社団法人全国保育士養成協議会 保育士養成研究第33号1~10頁
(学術論文・共・筆頭)中高生向け精神保健福祉教材の開発と模擬授業を通した教材の評価と考察
           平成27年10月 地域福祉サイエンス 第2号 177-186頁
(学術論文・共)幼児の畑活動と地域の人との関わりに関する研究
        -幼児と地域の人との関わりを生む、保育者の資質向上を目指して-
        平成27年10月 地域福祉サイエンス 第2号 231-240頁
(学術論文・共)キャリア段位制度における介護職の技術評価に関する研究
        -職員の属性別にみた業務内容-
        平成26年12月 経営と情報 第27巻第1号
(学術論文・共・筆頭)精神障碍者の就労実態からみる開示・非開示に関する合理的配慮についての考察
           平成26年6月 社会福祉科学研究 第3号
(学術論文・単)中高生を対象とした精神保健福祉教材の比較及び開発についての考察
        平成26年3月 関西国際大学紀要 第15号
(学術論文・単)精神障碍者の就労実態からみる疾患・障害の自己開示についての調査研究
        平成25年3月 関西国際大学紀要第14号
(学術本・共)生活保護の面接必携改定版 7章、9章、11章。道中隆 木下隆志 武藤大司
       平成27年3月 ミネルヴァ書房
(教科書・共)保育実践と家庭支援論 第8章 第2節3節 次世代育成支援対策推進法の役割
       平成27年1月 建帛社
(教科書・共)児童家庭福祉の相談援助 第3章 相談援助の機能と役割 平成26年9月 建帛社
(教科書・共)事例で学ぶスーパービジョン 実践編 事例4 平成26年3月 建帛社
(教科書・共)社会福祉の制度と課題 第10章 児童家庭福祉 平成26年1月 学文社
(教科書・共)地域福祉の原理と方法 10章 地域福祉のトータルケアサポートネットワーク
       平成25年12月 学文社
(学術本・共)生活保護のスーパービジョン 5章、7章、9章、13章
       道中隆 木下隆志 笠原千絵 山本秀樹 武藤大司
       平成24年12月 ミネルヴァ書房
(学術本・共)生活保護の面接必携 7章、9章、11章。道中隆 木下隆志 武藤大司
       平成23年12月 ミネルヴァ書房
(教科書・共)ソーシャルワーク実習 養成校と実習先との連携のために 個別支援計画の3章を担当
       平成23年9月 久美出版
(学会発表・共)WHO-DAS2.0日本語版による障害者の生活機能障害の把握-障害種類別の比較-
        平成27年11月 日本公衆衛生学会 第74回研究大会
(学会発表・共・筆頭)保育者志望学生の幼児、障碍児理解における複眼的思考の涵養
           平成27年5月 日本保育学会 第68回大会発表
(学会発表・共)保育者志望学生の幼児理解における複眼的思考の涵養(1)
        平成27年5月 日本保育学会 第68回大会発表
(学会発表・共)保育者志望学生の幼児理解における複眼的思考の涵養(2)
        平成27年5月 日本保育学会 第68回大会発表

私からのメッセージ

社会福祉関係の科目を担当します。
日々の実習や授業にうんざりするくらい忙しい日々になると思いますが、本当にすぐに過ぎてしまいます。みなさんも卒業生のように、あの頃に戻りたいと思われるのでしょうね。よい2年間を過ごしてください。