大学からのお知らせ

芦屋大学春の公開講座『今、スポーツについて考える』開催のお知らせ

2016年02月20日(土)

*画像左から島田哲夫特任教授、六車卓也特任教授(スマホの場合上から)
芦屋大学2016年の公開講座今、スポーツについて考える』を下記の要領で開催いたします。

元海外プロサッカークラブコンサルタント島田哲夫特任教授が世界のスポーツビジネスについて、エンドレスファイター元WBA世界バンタム級チャンピオン六車卓也特任教授が、スポーツ参加の意味、スポーツと共に生きることについて語ります。

2020年東京オリンピックが開催されることになりました。前回の東京オリンピックが開かれてから半世紀以上が経ち、私たちの生活も、社会の様子もスポーツのあり方も大きく変わりました。スポーツシーンはますます盛んになり、国際的に活躍する日本人アスリートも増えた一方、市民がスポーツに参加する機会も増えています。しかし、一口にスポーツとは言っても、トップアスリートが取り組む競技やプロスポーツと、それらを応援すること、また市民が自らスポーツに参加するということは、競技レベルはもちろん参加する意味もあり方も異なってきます。今、スポーツ参加について考えてみましょう。

日時
①2016年3月12日(土)・②3月26日(土)
午前10:00~11:30<全2回>

会場
芦屋市民センター 401室

内容&講師
①『世界のサッカービジネスの最前線は』
講師:島田哲夫 芦屋大学 特任教授(元Jリーグクラブマーケティング責任者)
プロフィール:これまで6つのJクラブと6つの海外プロ・サッカークラブ、合計12クラブの経営・事業コンサルティング、マーケティングに係った日本人唯一の存在。研究テーマは「スポーツ哲学(スポーツ価値論)」

②『プロスポーツと生涯スポーツ ~ボクシングを例に~』 ボクシングミニ体験もあります。
講師:六車卓也 芦屋大学特任教授(元WBA世界バンタム級チャンピオン)
プロフィール:大阪帝拳ジムでボクシングを始め、1987年にWBA世界バンタム級チャンピオンとなる。引退後はミズノ株式会社に勤務。アスリートとしての経験を活かして、スポーツビジネスの分野で商品企画からスポーツ施設運営等に関わる。現在芦屋大学に於いて、スポーツ経営の研究にあたる。

定員:80名

料金:無料

申込み
①講座名②住所③氏名④電話番号を記入の上、ハガキかFAXで芦屋市立公民館へお申し込みください。(先着順で受付)3月2日(水)まで
住所:〒659-0068 芦屋市業平町8-24
FAX:0797-31-4998

主催・お問い合わせ
芦屋市立公民館 TEL:0797-35-0700、芦屋大学Fプロジェクト TEL:0797-38-6702