教育の特色人間力育成

本格的なスポーツ教育や、専門的なキャリア教育により、社会に求められる『人財』を育成します。

今、社会が求める人材=「人間力」という考え方から、より実践的な視点に立ってキャリア教育やスポーツ教育を行なっています。社会の現場で生きる実力と、しっかりとした考え方のできる知識の両面を育成。ビジネスやスポーツ、教育の場でも一流を目指す人材を育てます。

キャリア教育

学生に対して早くから将来の職業についての意識を芽生えさせ、目標を実現するための努力の必要性に気づかせるのが基本的な考え方です。学生が社会全体に広く目を向け、大学教育の意義と大切さを再認識し、学ぶことへの意欲を膨らませることを目的としています。 特に1年生から初年次教育を行ない、学生の能力を開花させて、社会人基礎力や学士力をつけ社会が求める人材を育成します。

スポーツを通した人間力育成

スポーツ指導を通じて「人間力」を身につける。

スポーツの指導者は、競技を教えるだけではなく、気持ちや心の部分まで導くことが求められます。学生それぞれの特性を見極める指導に加えて、一人ひとりの「人間力」を伸ばすサポートを実践。技術的なレベルの向上はもちろん、誰からも信頼される人材の育成を心掛けています。

芦屋学園スポーツ教育センター

「芦屋学園スポーツ教育センター」は、スポーツ教育と体育系クラブの活性化をはじめ、地域スポーツの振興を目指して2010年に開設されました。各競技のトップアスリートの育成、中学校・高校の保健体育教員、スポーツリーダー・競技の指導者など、さまざまなスポーツの中核となれる人材を育成します。