芦屋大学について大学の理念・目標

建学の精神

人それぞれに天職に生きる

福山重一博士像

人間は詳細に自己を分析し自己理解を図り、さらには仕事の内容と現代社会を分析して、自己の向かうべき方向を模索し、そしてその方向において自ら経験してみることが求められる。

次にこのようにして自己が決定した仕事に就いても、それが自己に適するか否か吟味する必要がある。ここで自己が納得すれば、さらに進んで生き甲斐を得ることができる。 これよりして人間はそれぞれに天職を見つけ、その天職によって生きることが真の人権の確立となり、これが人間の最高の理想である。

芦屋大学創立者 福山 重一

実践綱領

独立と自由・創造と奉仕・遵法と敬愛

  • 独立と自由:自由の本質をわきまえ、独立の心を養う
  • 創造と奉仕:創造力を培い、すすんで社会に奉仕する
  • 遵法と敬愛:規律を守り、互いに敬愛する心を育てる

本学の使命・目的は、豊かな教養と人間性を身につけ、生きがいを持って社会に貢献できる人材を育成することである。そのため建学の精神に併せて実践綱領として「独立と自由」「創造と奉仕」「遵法と敬愛」を謳い、本学の教育に反映させてきた。豊かな教養と人間性を身につけ、自立し、社会に貢献できる力、具体的には、考えて行動し、チーム力を大切にする、目に見えない学力を「人間力」と位置づけ、社会で即戦力となる「人間力」を備えた人材の育成こそ時代の要請であり、本学の目的である。

求める学生像

本学では創立以来、「面接」 による入学試験を重要視してきました。今もすべての入試制度で 「面接」 を必須としており、面接試験の時点から志望する学科の担当者が本人の本学への志願の適正や、一人ひとりの持てる可能性・人間性について、以下の評価基準をもって判定しています。

  1. 自分の個性や適性について考え、自分の持てる力、可能性を切り開いていこうとしている人
  2. これまで体験したことや人との出会いなどを整理し、大学で学びたいと思う動機をはっきり持っている人
  3. 未来の夢について、これから主体的に取り組んでいきたいことについて、情熱をもって人に伝えることができる人

各学部学科の目的

臨床教育学部の目的

個人の可能性を引き出す教育とともに、幼児、児童及び生徒等の教育の困難に直面している保護者・教師の問題を研究し、これらの問題を解決する能力を伸ばす教育について教育・研究することを目的とする。

教育学科の目的

学部の目的である教育・研究を通じて、実社会での教育実践能力を養成することを目的とする。

児童教育学科の目的

学部の目的である教育・研究を通じて、幼児期及び児童期の教育の理解と実践能力を養成することを目的とする。

経営教育学部の目的

建学の精神に基づいて、経営や教育の分野に興味を持ち、多様な学びから広範な分野の基盤となる教養を身につけようとする人。柔軟な思考と知的好奇心に富み、積極的に社会とかかわろうとする人。激しい時代の変化に対応でき、社会から信頼される人。これらの課題に対して、教育・研究することを目的とする。

経営教育学科の目的

学部の目的である教育・研究を通じて、実社会での実践能力を養成することを目的とする。