公的研究費の不正使用防止への取り組みについて

芦屋大学では、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日)に基づき、本学における公的研究費の適正な運営・管理について検討をしてまいりました。

このたび、「芦屋学園における研究活動の不正行為防止等に関する規程」を制定いたしましたので、公表いたします。
この規程に基づき、公的研究費の不正使用を防止し、適正な執行の充実に努めてまいります。

機関内の責任体制の明確化

最高管理責任者 ⇒ 学長

学長は、大学における公的研究費の運営及び管理並びに研究活動上の不正行為の防止に関して責任を負う者(以下「最高管理責任者」という。)として研究者への啓発に努め、研究活動上の不正行為が生じた場合には、統括管理責任者と連携し、必要な措置を厳正かつ適切に講じる。
最高管理責任者は、責任を持って公的研究費の運営及び管理並びに研究活動上の不正防止計画を作成し、適切にリーダーシップを発揮する。

統括管理責任者 ⇒ 事務長

大学に、最高管理責任者を補佐し、大学における研究活動の運営及び管理並びに研究活動上の不正行為の防止に関して大学全体を統括する実質的な権限と責任を有する者(以下「統括責任者」という。)を置き、大学の事務長をもって充てる。
統括管理責任者は、大学における公的研究費の適正な運営及び管理並びに研究活動上の不正行為の防止のために、教職員に対して教育・研修を計画的かつ継続的に行う。

部局責任者 ⇒ 総務課長

大学における公的研究費の運営及び管理並びに研究活動上の不正行為の防止に関して実質的な権限と責任を有する者(以下「部局責任者」という。)を置き、大学総務課長をもって充てる。
部局責任者は、前述の責任を遂行するに当たり、必要に応じて、当該部課の職員に指示を与える。

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

事務処理相談窓口の設置ついて

公的研究費の事務処置に関する相談窓口を総務課に置く。

不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

不正使用の防止について

公的研究費を適正に運営及び管理し、不正行為及び不正使用を発生させる要因を把握し、不正使用の防止に努める。

公的研究費の運営・管理体制

納品検収について

公的研究費で購入した物品は、総務課により納品検収を行う。

不正な取引をした業者への対応について

不正な取引に関与した業者に対しては、適切な処置を講じる。

情報の伝達を確保する体制の確立

執行相談窓口の設置について

公的研究費の執行に関する相談窓口を芦屋学園法人本部事務局に置く。

通報窓口の設置について

大学における研究活動上の不正行為に関する通報を受け付ける窓口を芦屋学園法人本部事務局に置く。

モニタリングの在り方

芦屋学園法人本部事務局による公的研究費に関する効果的なモニタリングを実施する。