臨床教育学部児童教育学科

子どもの成長を見守るスペシャリストとして、誰からも信頼される小学校・幼稚園、特別支援学校の先生を目指します。

児童教育学科MOVIE

実際の教育現場では、授業で教える力以上に、子どもとのコミュニケーション能力が求められます。ここでは、実際の教育現場を経験できる機会を豊富に用意し、子どもの心をキャッチできる人材を育成します。

学びの特色

少人数制で一人ひとりの顔が見える指導体制を実現しています。

定員30名という少人数のクラス、しかも複数の担任によるきめ細やかな指導体制をとっています。複数の目で授業を見守るので、学生の疑問や不安をすぐさまフォロー。教員になる夢を実現するために、相談支援システムをつくり、学生一人ひとりを全力でサポートします。

実際の教育現場で何度も実習を体験できます。

子どもたちから飛び出してくるいろんな疑問や質問に答えるには、実際に経験を積むのが一番の早道です。児童教育学科では、教育実習や介護等体験、学校ボランティア、幼稚園観察実習など、教育施設での実習を多く行い、そこでの経験を通じて実際の現場で通用する指導法を身につけます。

コース紹介

幼児・児童教育コース・特別支援教育コース

小学校や幼稚園、特別支援学校の教員を目指して、実際の教育現場から実践的に学びます。

子どもたちは未来への可能性に満ち溢れています。そんな一人ひとりの能力を、いかにして伸ばしていくかが学校や幼稚園、特別支援学校の教員に求められる資質です。また、特別支援教育への正しい知識は小学校や幼稚園の現場でも求められています。本コースでは、子どもたちと心を通わせるコミュニケーション能力の育成に力を入れ、実際の教育現場を体験できる機会を数多く用意。実践的な学びの中で、子どもの声を的確にキャッチし、適切な指導や支援ができる教員を養成します。

学びのPOINT

  1. 教員免許を幼稚園・小学校ともに
    本学には附属の幼稚園と中学・高等学校があるうえ、芦屋市や近隣府県市の小学校とも連携が取れているので教育実習には事欠かず、「幼稚園教諭一種免許状」「小学校教諭一種免許状」「特別支援学校教諭一種免許状」の取得が可能です。
  2. 体験で、空気を読み取る力を
    2年次には「学校ボランティア」「幼稚園観察実習」を3年次は「教育実習」「介護等体験」を行います。近隣都市の各学校・幼稚園へ出向き、子どもたちとふれあう機会を重ねることで、場の空気を感じて即応できる力が身につきます。
  3. 教育者としての実力を構築
    まずは少人数制で基礎演習に取り組み、次に専門演習で自分が選択した分野の研究を積み重ね、カリキュラムに従って学習していくことで、教育者に必要な知識や経験が自然と自らの力として定着していきます。
  4. 「教職教育支援センター」が完全サポート
    幼稚園や学校の教師をめざす学生をサポートするために誕生したのが「教職教育支援センター」です。全国都道府県の採用試験情報の提供から、個人面談、受験対策の特別指導まで、様々な支援が望めます。

履修の流れ

  1. 人間と児童教育の基礎を確立
    少人数制の基礎演習により基礎学力を高めながら、人間教育や児童教育の全般を学習。基礎教養科目中心のカリキュラムを履修して幅広い教養を身に付け、専門教育の準備を入念に行います。
  2. 児童教育課程における学力の定着
    教員免許状取得のためのプログラムに沿って、必要科目を中心にカリキュラムを履修するとともに、専門的知識の習得に向けての下準備として基本的な教養を身につけます。
  3. 豊富な教育体験で指導法を体得
    教育実習や介護等体験、ボランティア活動など様々な教育の場に出向く機会がたくさんあります。そこで体験を重ねることで自身の教員適性と教育の場で必要な能力が自覚でき、実践的な指導法が身につきます。
  4. 教育の総仕上げ
    教員採用試験の受験準備と並行し、専門的に学習した内容を卒業論文にまとめ上げます。大学院進学希望の場合は、専門演習指導教授から進学準備指導を受けます。

「学び」をクローズアップ!

現場仕込みの教育こそが、困難を克服する力を磨く
教育実習
幼児や児童は、大人が予想だにしない色々な問題を、不意に投げかけてきます。かれらに誠実かつ納得できるように応えることが、幼稚園や小学校の教師の務めです。しかしこのようなカは、場数を踏んで経験則を高めることでしか身につきません。そのため机上の学習とともに、様々な教育施設で教育体験する機会を多く設けています。この複合的教育によって、時に訪れる困難な場面も正しく乗り越えていけるはずです。

教育実習への準備も万全です。

  1. 準備の期間
    授業の資料作成や模擬授業を何度も実施。実習に向けての感覚を養います。
  2. 教育実習参加資格テスト
    実際の教育実習前に学内テストを実施。その成績から実習に向けての力を判定し、本番への自信と意欲を高めます。
  3. 教育実習
    小学校・幼稚園の教育実習はそれぞれ4週間、特別支援学校は2週間実施。
    本学の教員が実習校を訪問しアドバイスなども行ないます。
  4. 教員採用試験に向けて
    最終関門である教員採用試験に向けて、「教員採用試験直前対策講座」を実施。
    本学OBからのアドバイスなどにより強力にサポートします。