教員紹介

渡 康彦
学部 臨床教育学部
学科名 児童教育学科 
役職名 教授 児童教育学科主任
英文表記 WATARI, Yasuhiko

担当科目

環境と生物 理科概説 栽培学 栽培学実習
生理学 生命工学 演習 基礎演習

私からのメッセージ

一見科学的で実はデータが?、でもマスコミに報じられるとみんな信じてしまいますよね。「カマキリの雪予想」もその一つ。カマキリは秋に卵を産むとき、卵が雪に埋もれて死んでしまわないように積雪量を予想して積もる高さより上に卵を産む。この話、テレビや新聞で何度も紹介されました。でもじつは卵は雪の中でも死なないし…。安藤喜一弘前大学名誉教授が詳細なデータを示し、「カマキリ予言者」の間違いを正している「耐性の昆虫学」の一読をお勧めします。

研究・社会活動(書籍)など

昆虫の体内時計と季節適応の研究をしています。
著書 「耐性の昆虫学」(東海大学出版、共著)「休眠の昆虫学」
   (東海大学出版、共著)「昆虫の季節適応と休眠」(文一総合出版、共著)

日本学術振興会科学研究費補助金
1,概日時計の生態学的研究― 活動時刻・羽化時刻の適応的意義の解析
 (基盤研究C 平成14-16年度、課題番号14540586)研究代表者
2,概日リズムの生理学的研究- 土中で蛹化する昆虫の羽化の温度位相反応曲線の解析
 (基盤研究C 平成19-21年度、課題番号19570075)研究代表者
3,昆虫の羽化時刻の選択要因を探る
 (基盤研究C 平成22-24年度、課題番号22570028) 研究分担者
4,昆虫の概日羽化リズムにおける温度較差反応を探る
 (基盤研究C 平成24-26年度、課題番号24570090) 研究代表者
5,羽化リズムに関わる温度較差反応の普遍性を探る
 (基盤研究C 平成25-27年度、課題番号25440244) 研究分担者
6, 土中温度環境への昆虫概日時計の適応機構を探る
 (基盤研究C 平成29-31年度、課題番号17K07480) 研究分担者

その他

研究室での飼育生物 タマネギバエ、キイロショウジョウバエ、マダカスカルゴキブリ、カブトムシ、スズムシ、ウーパールーパー
主な論文(タマネギバエの羽化に関するもの)
1. Day-to-day variations in the amplitude of the soil temperature cycle and impact on adult eclosion timing of the onion fly. Tanaka, K. and Watari, Y. International Journal of Biometeorology61. 1011–1016. (2017)
2. Temperature cycle amplitude alters the adult eclosion time and expression pattern of the circadian clock gene period in the onion fly. Miyazaki, Y, Watari, Y., Tanaka, K. and Goto, S. G. Journal of Insect Physiology 86. 54-59. (2016)
3. Effects of background light conditions on thermoperiodic eclosion rhythm of onion fly Delia antiqua. Watari, Y. and Tanaka, K. Entomological Science 17, 191-197. (2014)
4. The onion fly modulates the adult eclosion time in response to amplitude of temperature cycle. Tanaka, K. and Watari, Y. Naturwissenschaften 98. 711-715. (2011)
5. Interacting effect of thermoperiod and photoperiod on the eclosion rhythm in the onion fly, Delia antiqua supports the two-oscillator model. Watari, Y. and Tanaka, K. Journal of Insect Physiology 56. 1192-1197. (2010)
6. Dose early morning adult eclosion in insects is adaptation to the increased moisture at dawn? Tanaka, K. and Watari, Y. Biological Rhythm Research 40. 293-298.(2009)
7. Comparison of the circadian eclosion rhythm between non-diapause and diapause pupae in the onion fly, Delia antiqua: the change of rhythmicity. Watari, Y. Journal of Insect Physiology 51. 11-16. (2005)
8. Adult eclosion timing of the onion fly, Delia antiqua, in response to daily cycles of temperature at different soil depths. Tanaka, K. and Watari, Y. Naturwissenschaften 90: 76-79. (2003)
9. Comparison of the circadian eclosion rhythm between non-diapause and diapause pupae in the onion fly, Delia antiqua: the effect of thermoperiod. Watari, Y. Journal of Insect Physiology 48: 881-886. (2002)
10. Comparison of the circadian eclosion rhythm between non-diapause and diapause pupae in the onion fly, Delia antiqua. Watari, Y. Journal of Insect Physiology 48: 83-89. (2002)