学部学科・大学院大学院

学生の自由な発想を伸ばし、
これからの「教育学研究者」を育成。

芦屋大学大学院は、昭和43年に私学としていち早く博士課程の開設が認可されました。
学生自身が自由な発想で研究テーマを掘り下げられるよう、さまざまな制度やプログラムを用意。
修士・博士学位を取得するための万全のサポート体制を整えています。
土曜開講や随時の研究指導など柔軟なシステムで、退職教員や主婦など社会人にも好評です。

教育学研究科

教育学専攻(博士前・後期)

学校教育だけではなく家庭・地域などにおける人間形成のダイナミズムを原理的・実践的に研究。心理・身体・社会面など総合的・多面的にテーマを追求します。

技術教育専攻(修士)

「技術教育」「現在の経営および産業・マルチメディア技術」「人間環境のあり方」「企業経営やキャリア開発」の4分野を学問的に研究。

英語英文学教育専攻(修士)

英語学・英語教育、国際文化、英米文学文化の3分野を研究。今後の英語教育の発展に貢献できる人材を育成。

教育相談所

「芦屋大学大学院の『アスペルガー研究所』は、平成18年6月の発足以来、アスペルガー症候群への教育・対処法を中心に広く発達障害の研究を進めてまいりました。この間、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥・多動症)などの相談、研究は対象外との誤解がありましたので、4月1日から「教育相談所」と名称を変更します。アスペルガー博士の提唱した「治療教育学」の精神に則り、今後も発達障害に対する教育研究を進めてまいりますので、ご支援をお願いいたします。従いまして、今後は教育相談所(旧アスペルガー研究所)と標記いたします。