大学院教育相談所からのお知らせ

2011年(平成23年)特別支援教育支援員研修講座 開講

2011年08月22日(月)

2011年8月22日(月)
芦屋大学大学院レクチャールームに於いて、40名以上の特別支援教育支援員の皆様のご参加を頂き、「平成23年度特別支援教育支援員研修講座」が開講されました。

初日の22日は、開講式、オリエンテーションに続き、11:00~芦屋大学臨床教育学部三羽光彦教授による講義「発達と教育(人の発達をどう見るか、少年期~思春期)」が行われました。
この講義では、少年期(児童期)から思春期(青年期)への生理的・心理的・社会的変容と教育の関係を心理的離乳、第二反抗期、アイデンティティーなどの概念を学びながら、日常的な具体的事例を挙げて考察しました。

午後からは、同じく芦屋大学臨床教育学部 林知代准教授による「高機能広汎性発達障害の3つのタイプ」。各タイプの典型例の事例を乳幼児時代から青年期に至るまでの特徴とその理解、対応時の注意点などを解説されました。

今回の特別支援教育支援員研修講座は9月2日(金)まで、11日間芦屋大学大学院レクチャールームで開かれます。
※参加申し込み受け付けは終了しております。