学生インタビュー林 愛子さん

林 愛子(ハヤシ アイコ)
3年 臨床教育学部 教育学科

夢はオリンピックの舞台。シンクロに夢中です。

今一番力を入れていることは?

小学2年生から始めたシンクロナイズドスイミングです。元々泳ぐのが好きだったことと、3歳からバレエを習っていたということもあり、母親から勧められて始めました。
初めはプールで楽しく遊んでいる感覚だったのですが、いつの間にかシンクロが好きになっていたという感じです。

夢はオリンピック

シンクロナイズドスイミングだけではないと思いますが、練習を続けることで神経が研ぎ澄まされることがあります。チーム演技でも信じられないくらいピタッと合う瞬間があります。これはまさに多くの練習の成果だと思います。練習中、中には気絶したり、そのまま沈んでいく選手がいたり、限界ぎりぎりまで追い込んでいます。
もちろん夢はオリンピックです。
シンクロの場合、オリンピック出場は全国のソロの上位の選手から選ばれます。ですから、その選考大会に向けて努力をしていきたいと思っています。

感謝したい人

「ありがとう」と心から言いたい人は、シンクロナイズドスイミングと出会わせてくれた両親です。本当にどれだけ感謝しても感謝しきれないくらいです。
そして、現在所属しているスイミングクラブの恩師、井村先生です。今、ここまで頑張れているのは井村先生のお蔭だと思っています。実は先生との出会いは中学3年の時でした。小学2年生から通っていたクラブのコーチが中学2年生の時に海外に移られ、本気でシンクロを続ける環境が無くなるのではと、とても悩んでいました。その時、移籍先で井村先生との出会い、シンプルなことですが「自分のために泳ぐ」いうことを改めて気づかせていただきました。そのことが自分の成長につながったのだと思います。
実は今、井村スポーツクラブのAチームのキャプテンを務めています。以前は少し引っ込み思案だった私を変えてくださったのは井村先生をはじめとするコーチの方々だと思っています。

今までに感謝をされた経験は?

キャプテンになったことで、チームのみんなに共感し、相手の気持ちに寄り添えるようになりました。
後輩が「シンクロをやめたい」と悩んでいたとき、彼女の話をしっかり聞き、自分の心に正直になることをそれとなく諭すことができました。その後輩が、「やっぱり自分にはこれしかなかった。先輩に相談して良かった」と感謝されたことがありました。

これから先、大学で学びたいことは?

将来は高校の保健体育の先生を目指しています。
そのためには、もちろん実技や専門分野の勉強も大切ですが、これからは人間の心理について学びたいと考えています。だから、心理学のゼミを選びました。実は以前、余りに厳しい指導に、精神的にひどく落ち込んだことがありました。だから、心理学をしっかり勉強して、「褒めて伸ばす」ことを学びたいと思います。

受験生へのメッセージをお願いします

芦屋大学はスポーツと勉強が両立しやすい大学だと思います。先生と学生の関係がとても緊密で、大会などでしかたなく公欠になったときでも、しっかりサポートしてくださいます。授業に参加できない場合、個別に補習などしていただけることもあります。また幅広い分野(幼稚園、小学校、中学・高校)で教師になれるチャンスも魅力のひとつです。一生懸命頑張る人にはお勧めの大学だと思います。

私のお勧めスポット

練習や授業がないときは学生ホールによくいます。ざわついた中で友達を過ごすひとときが落ち着けます。