経営教育学科自動車技術コース

自動車に関する学科がある唯一の文系大学として、国土交通省に認定されています。

自動車整備士資格を得るには、一定年数の実務経験を持ち、国土交通大臣が行なう国家試験(自動車整備士国家試験<実技・学科>)に合格しなければなりません。芦屋大学は4年制大学では珍しい自動車整備士養成の「認定大学」で、卒業時に国家試験の受験資格(実技試験免除)が得られるのが最大の特徴。将来、自動車産業で働きたいと考えている方にまさに最適なコースです。

国家資格を取って、就活を有利にしよう!

現在、日本には約8000万台の自動車があり、これらが安全に走行するために必要なのが自動車整備士です。 自動車がガソリン車から電気に変わっても、そのニーズは決して崩れません。 芦屋大学で学んだ経営の知識と整備士としての技術を両輪に、自分の目指す将来にトライしましょう。

本学で2級自動車整備士を取得するメリット

メリット1
卒業に必要な単位数+8単位のみで修了証をもらえます。
■2~4年次に自動車の科目を修得すれば、コース修了証を得ることができます。
メリット2
実技免除の資格が取得ができる
■卒業直前に本学で実技免除講習を受講すれば、実技試験が免除されます。
メリット3
実務経験がなくても国家試験の受験資格が得られる
■芦屋大学は2級自動車整備士養成施設として国土交通省の認定を受けているので、卒業と同時に国家試験の受験資格を得ることができます。

取得可能な資格・修了認定

  • 2級自動車整備士(受験資格・実技試験免除)

将来の進路・職種

  • 自動車販売会社
  • 自動車関連会社の起業
  • その他自動車業界