経営教育学科バレエコース

バレエに関する高い技術を身につけながら、
社会人としての基礎スキルを学ぶ。

バレエそのものの技能を磨きながら、経営学的な視点から舞台芸術や制作マネジメント、舞台スタッフの作業に至るまで、多面的に学びを深めます。バレエの修練を大切にしつつ、一般社会で必要とされる、コンピュータの操作や簿記など幅広くしっかりと学びます。卒業後にどのような進路を選んでもやっていけるように、社会人としての基礎スキルを身につけます。

バレエコースのポイント!

一週間に4回の実技授業を実施。

高いレベルの技能を身につけることを目標に、1・2年生の間は週に4回の実技授業を実施します。「バレエⅠ〜IV」「バレエテクニック」「舞踊表現Ⅰ〜IV」が実技の授業になります。

社会人としての基礎スキルもしっかりと修得。

芦屋大学が培ってきた経営学のノウハウを学びつつ、簿記、コンピュータ操作、英語学習など、社会人として身につけておきたい基礎スキルを修得します。レッスンと学業を両立することで、一人の人間としての魅力を高めます。

個人のレベルに合わせたレッスン内容。

バレエ実技の授業は、レベルでクラス分けを行ないます。
初級、中級、上級まで、すべて個人スキルに合わせた密度の濃いレッスンを実施。もし今現在、スキルに自信がなくても、自分に合わせた基礎の積み重ねで、どんどんと実力を伸ばせる環境を整えています。

バレエ教師課程ディプロマコース

経験豊かな講師の指導による、日本で学べるバレエ教師養成コースです。スクーリングと通信教育を併用した新しい学習方法で、卒業時にはディプロマ(修了資格証書)が発行されます。2年間のカリキュラムは、バレエ教師に必要とされる科目で構成され、附属幼稚園での教育実習や卒業後教室を経営するためのマネジメントに関する知識も学びます。バレエコースの学生は、履修推奨科目として、受講料なしで受講できます。

日本バレエ界の第一人者、尾本安代氏を客員教授に招聘。

1970年代から数々の賞を受賞し、1978〜79年には文化庁派遣芸術家在外研修員としてキューバ国立バレエ団、モナコバレエアカデミーに留学経験のある尾本安代氏を客員教授として招きました。古典作品のみならず国内外で創作作品に多数出演するなど、世界のプリマの経験をレッスンを通じて吸収してください。

受験を指導する資格

  • 簿記検定
  • TOEIC
  • TOEFL

将来の進路・職種

  • プロダンサー
  • 指導者
  • アーツマネジャー
  • 舞台スタッフ
  • 劇場運営スタッフ
  • 一般企業

尾本 安代 客員教授 プロフィール

谷桃子バレエ団
1973年東京新聞主催全国舞踊コンクール弟1位文部大臣奨励賞受賞。
1978~79年文化庁派遣在外研修員としてキューバ国立バレエ団、モナコバレエアカデミーに留学。
帰国後、谷桃子バレエ団公演において『白鳥の湖』、『ドン・キホーテ』、『ジゼル』などに主演。また、スターダンサーズバレエ団に客演の他、石井潤、後藤早知子、深川秀夫、厚木凡人、多胡寿伯子、上田遙氏などの創作作品に多数出演。
その他世界各地でプリマバレリーナとして出演。1987年橘秋子優秀賞、1989年服部智恵子賞を受賞。
日本音楽高等学校、東京女子体育大学、お茶の水女子大学などで非常勤講師。
東京新聞全国舞踊コンクール審査員、全国鎌倉バレエコンクール審査委員長などを務める。

新谷佳冬 客員准教授 プロフィール

(RBSTCPD, AISTD, RAD Teaching Dip.)
芦屋バレエアカデミー主宰。英国ロイヤルバレエ学校ダンサーコース、ベジャールのムドラバレエ学校に学ぶ。1994年ロイヤルバレエ学校PDTC教師課程卒。英国インペリアル教師協会のチケッティ及びナショナル教師免許、RAD教師ディプロマ取得。新国立劇場バレエ研修所講師。NPO法人芦屋芸術村監事。

佐藤 真左美 非常勤講師 プロフィール

(Dip VCA Classical Ballet Teaching)
1992年文化庁在外研修員でオーストラリアに派遣、1994年研修先The Australian Balletへ入団。同団のソリストとして国内外の公演で活躍。2002年Melbourne University/ Victoria College of the Artsでバレエ指導者免許を習得。
2009年よりメルボルン・ナショナルシアターバレエスクール・ディプロマ校・校長補佐としてプロダンサーの育成指導に従事する。

井村薫子 特任助教 プロフィール

余バレエアカデミーにて余芳美に師事。師範科・教師課程修了。
アリゾナバレエ学校夏期講習参加。
ドイツ・マンハイム音楽大学バレエ科にて学ぶ。在独中はカールスルーエバレエ団やその他コンテンポラリーの舞台など多数出演。帰国後はフリーランスとして活動。
京都外国語大学外国語学部卒業、芦屋大学大学院 教育学研究科修了。
2012年より京都CTBスタジオ・2016年よりトモコダンスプラネットにて講師を務める。
トモコダンスアートカンパニー登録メンバー。

森田玲子 客員講師 プロフィール

大阪芸術大学大学院 芸術研究科 芸術制作専攻 修了。博士(芸術)。
日仏交流150周年記念 京都パリ姉妹都市盟約締結50周年記念スペシャルイベント フランス・パリ公演 選抜ダンサー出演。
2010時代を創る現代舞踊公演 他文化庁委託事業作品出演。
なにわ芸術祭(舞踊作家部門、ダンサー部門) 新人賞、大阪府知事賞、大阪市長賞。
New Prague Dance Festival Competition 2009(ダンスシアター) 第1位。
第6回バレエ・コンクールin 横浜(コンテンポラリーシニア) 第1位 他受賞多数。
大阪芸術大学大学院 芸術研究科 助手を経て、2017年より現職。全日本洋舞協会理事。
資格:舞踊指導者資格、ダンス教育指導士。
所属学協会:舞踊学会、現代舞踊協会、全日本洋舞協会。

主な科目

経営教育学部経営教育学科必修科目

1年次
  • 経営教育学概説
2年次
  • 現代社会経営論
  • キャリア開発論
  • 経営管理論
3年次
  • 専門演習I
4年次
  • 専門演習II
  • 卒業公演と卒業論文

コース推奨科目

1年次
  • 運動生理学
  • スポーツ社会学
  • バレエの基礎知識
  • バレエI
  • バレエ・テクニックI
  • バレエの音楽
  • 舞踊表現I
  • 演劇I
2年次
  • 運動学(運動方法学を含む)
  • 演劇II
  • 舞踊の音楽
  • TOEIC
  • バレエII
  • バレエ・テクニックII
  • 芸能と経営
  • 舞踊表現II
  • ボディ・コンディショニング
3年次
  • 小児保健(スポーツ医学)
  • スポーツ経営管理学
  • スポーツ心理学
  • TOEFL
  • バレエIII
  • バレエ・テクニックIII
  • アーツマネジメント
  • 舞踊表現III
  • 経営組織論
4年次
  • バレエⅣ
  • バレエ・テクニックIV
  • 舞踊表現IV
  • 振付

※開講時に変更になる場合があります。詳細はシラバス・学生便覧で確認してください。
※2017年度入学生用カリキュラムです。

Q&A

バレエと「経営学」とは?

バレエそのものの技能を磨きながら、経営面の視点から舞台芸術や制作マネジメント、舞台スタッフの仕事など多面的に学びます。また芦屋大学が培ってきた経営学のノウハウを習得し、簿記やコンピュータなど社会人としての基礎的なスキルも身に付けます。豊かな人間力を育てる芦屋大学ならではの「少人数教育」によるきめ細かなサポートも魅力です。

社会人としての基礎スキルってなんですか?

このコースでは、芦屋大学の培ってきた「経営学」のノウハウや簿記・コンピュータ・英語など社会人としてを身に付けておきたい基礎スキルを、バレエを学びながら習得します。これらはコース推奨科目となっていますので、できるだけ履修するように勧めています。

バレエの技術がついていけるか不安です。

大丈夫です。実技の授業はレベルでクラス分けして行いますので、初級~中級、上級まですべての方のレベルに合った指導をします。バレエは基礎的なレッスンの積み重ねです。ダンスクラシック技術の習得と向上を目指します。

実技の授業はどのくらいありますか?

「バレエI~IV」、「舞踊表現I~IV」、「バレエ・テクニックI~IV」が実技の授業になります。1年次は週4コマ、2年次では最大週6コマ、3年次では最大週8コマ、4年次では最大週10コマ、実技の授業が取れます。
また3・4年次の専門演習にもバレエ実技が入ります。

毎日バレエレッスンができますか?

授業以外に、クラブ活動でもバレエレッスンができます。

保護者の皆様へ

バレエダンサーを夢見てがんばっているお子さまを見守りながら、漠然と将来の職業選択と自立に対して不安を抱いておられることと思います。芦屋大学の<バレエコース>では、バレエの技術を磨きながら、バレエ教師、プロのバレエカンパニーのメンバー、あるいは舞台芸術に関わる仕事に進むなど、進路に合わせた業界の知識や経営センスを身に付けることができます。また、航空関係など一般企業への道も有利にひらけるので、安心してお子さまをお預けいただけます。