経営教育学科技術・情報教員養成コース

高い専門性×確かな指導技術×強い情熱 ⇒実践力豊かな教員

ものづくりが好き、情報・環境のことに興味がある、そんな人の個性が生きるのが技術・情報教員養成コースです。芦屋大学は文系の大学でありながら、「木材加工実習室」「金属加工実習室」などの実験・実習室が充実しています。

技術・情報教員養成コースの授業紹介

材料と加工
木材・金属・アクリルなどの材料加工を通して、手工具や工作機械の利用、さらに指導法を学びます。「木材加工実習」「設計製図」「機械加工」「材料学」など。
エネルギー変換
電力・風力・原動機などエネルギーを生むための基礎技術を学びます。実習科目では震災ラジオやロボットを製作します。「電気電子工学」「機械と設計」「機械加工」など。
生物育成
生物を育てる技術が社会や環境に果たす役割について学びます。実習科目では,大学の畑を耕し野菜などの栽培や動物の飼育に挑戦します。「栽培学」「栽培学実習」など。
情報
情報通信ネットワークやコンピュータの仕組み、情報モラルの指導法を学びます。実習科目では、プログラミングや計測制御を実施します。「情報処理基礎」,「プログラムと計測制御」など。

他教科では異例の教員採用試験の現役採用率

中学校の技術科教員免許状が取得できる大学が非常に少なく、兵庫県では本学のみ。
近畿地方でも数少なく、各自治体の教育委員会より人材の供給が期待されています。難関と言われる教員採用試験の中で、本学は現役学生の2人に1人が合格しており、多くの学生が卒業と同時に教員になる夢を実現しています。

有利な一次試験免除枠(大学推薦枠)

芦屋大学は複数の都道府県教育委員会より、中学校技術科教員採用試験一次試験免除枠を取得しています。学生にとって夢に近づく大きなチャンスとなります。

取得可能な教員免許状

  • 中学校教諭一種免許状(技術)
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)

将来の進路・職種

  • 中学校・高等学校教員