教員紹介

藤本 光司
学部 経営教育学部
学科名 経営教育学科 
役職名 教授 経営教育学科主任 就職部長参事
英文表記 FUJIMOTO, Koji

担当科目

大 学:教育方法学【中等】、教科教育法【技術】、産業技術論、基礎演習(初年次教育)、加工材料の特性、教育実習事前・事後指導、他
大学院:技術と人間形成、技術科教育課程論

私からのメッセージ

“一期一会”  ~人との出会いを宝物に~
大学生活で、「社会人基礎力」をじっくり磨きましょう!
①「前に踏み出す力(action)」・・・現状から一歩前に踏み出し失敗しても粘り強く物事に取り組もうとする力。
②「考え抜く力(thinking)」・・・現状に疑問をもち打開策を考え抜く力。
③「チームで働く力(teamwork)」・・・多様な周囲の人々とともに目標に向けて協力して行動する力。

研究・社会活動(書籍)など

<研究分野>
 教育方法、初年次教育、教員研修、技術科教育、ICT教育
<キーワード>
 アクティブラーニング、コミュニケーション、チームワーク、教員養成、ものづくり、ソーラーカープロジェクト

<著書>
・『情報教育の理論と実践』、実教出版、2002、共著
・『情報教育実践ガイド』、第一法規、2005、共著
・『デジタル・アーキビスト入門』、日本文教出版、2007、共著
・『必携!相互理解を深める コミュニケーション実践学(改訂版)』、ぎょうせい、2010、共著
・『元気がでる学び力(ものごとの本質を見るめを養おう)』、ぎょうせい、2011、編著
・『芦屋大学卒の事業家たちの教え』、晃洋書房、2012、共著
・『技術・家庭 技術分野』、開隆堂、平成26年文部科学省 検定教科書

<論文>
・「中学生を対象とした情報基礎学習に関する実証的研究(No.3)」
 A Study of Information Basis in Technology Education for Junior high School Students
日本教育情報学会、1991、共著
・「生徒・教師間における「情報基礎」学習のイメージ化と期待感のズレについて」、日本教育情報学会、1991、共著
Discrepancy in Imagery and Expectation of Information Basis between Students and Teachers
・「国際理解教育を軸にした表現力育成に関する授業実践」
-ドラマ学習を通した表現能力の育成について -
山口大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要、2003
A study of the Expressive that did it Centering Education for International Understanding -Improvement of Expression Ability through Drama Stady -
・「中学生の自主性尺度得点と学業成績並びに個人の諸条件との関連」、日本教育情報学会、2006、共著
 The Relation between Independence Scale Scores of Lower Secondary School Students and their Academic Records and the Other Conditions inside/outside School
・「教職協働による初年次教育の授業デザイン」
-ワークショップ型授業におけるコミュニケーション力の育成-
芦屋大学論叢 第57号、2012
A Review of the Course Design in the First Year Experience with Collaboration between Faculty and Clerical Staffs -Development of Communication Skills through Workshop-Type Class -

<雑誌>
・雑誌:『学習情報研究』
特集:説得力のあるコミュニケーション能力、2004.3
特集:国際交流学習の成功の秘訣、2007.3
特集:情報教育の観点から新学習指導要領を読み解く、2008.9
特集:インターネットなるほど活用、2009.3

<初年次教育の研究>
・e-Learningを活用した形成的レポート評価 
-初年次教育におけるパラグラフ・ライティングの育成-
情報コミュニケーション学会、2010
・初年次教育におけるコミュニケーションデザイン
-少人数クラス編成とアクティブラーニング-
情報コミュニケーション学会、2012
・初年次教育におけるアクティブラーニングの研究
-教職員研修とワークショップ型授業について-
日本教育情報学会、2012

<チームワーク論の研究>
・主体的な学びを支援するためのチーム学習に関する研究(1)
-FFS理論を活用した学習者特性の基礎調査を透して-
日本教育情報学会、2011
・主体的な学びを支援するためのチーム学習に関する研究(2)
-二つの世代カテゴリによるFFS理論の原因子と特性出現率-
日本教育情報学会、2012
・中学校技術科におけるアクティブラーニングの実践研究(1)
-チーム力を重視した指導構想に焦点をあてて-
情報コミュニケーション学会、2010
・中学校技術科におけるアクティブラーニングの実践研究(2)
 -FFS理論によるチーム力の簡易分析-
情報コミュニケーション学会、2011

<コミュニケーション論の研究>
・学生参画型授業モデルの開発に関する実証研究
-討議・批判・論理・表現能力の育成-
平成19年度科研費基盤(C)最終報告書、共同研究、2008
・学生参画型授業モデルの開発に関する実証研究(3) 
-ポートフォリオ評価およびパフォーマンス評価の活用-
日本教育情報学会、2009
・情報社会と人間のコミュニケーション活動
 -アクティブラーニングによる自律的な学び-
『2010年度立命館大学教育開発推進機構 教養ゼミナール(52)活動報告書』、2010,共著
・ものづくりを通したコミュニケーション演習が主体性におよぼす効果
 -社会人基礎力育成と接続教育の視点より-
  日本教育情報学会、2011

<ICT教育の研究>
・情報教育の目標リストを軸にした授業実践と学習評価
 -電子卒業アルバムの製作における情報モラルの育成-
日本教育情報学会、2002
・教育用画像素材を用いた教員研修の実践と展望 
-モチベーションを大切にした研修の試み-
日本教育情報学会、2003
・初等中等教育における教育情報の取り扱い
-教育行政から見た現状と課題-
日本教育情報学会、2006
・実践的態度の育成を目指した情報モラル教育に関する実証研究
日本教育情報学会、2006

<その他の研究>
・中学校における自主性を伸ばす教育方法の開発(4)
-摘出データを学校経営にフィードバックするためのモデル-
日本教育情報学会、2006
・中学校における自主性を伸ばす教育方法の開発(6)
-全市調査に向けた計画-
日本教育情報学会、2007
・コンテナガーデンによる緑化推進プロジェクト
~緑あふれる生活環境から、豊かな心を育成する~
(財)消費者教育支援センター事業、2006
・循環型社会形成をめざした環境学習の実践
~ミミズ・コンポストによる給食残菜の堆肥化と野菜の栽培~
(財)消費者教育支援センター事業、2007

<所属学会等>
・日本教育情報学会:評議員
・情報コミュニケーション学会:一般会員
・情報教養研究会(Information Culture Association):副会長

その他

<職歴>広告代理店、公立学校教員、在外教育施設教員(ロンドン'93-96)、教育行政、大学非常勤などを経て現職へ
<趣味>Sailing、Scuba、Ski、Scotch、Jazz
<学歴>
 芦屋大学大学院教育学研究科前期博士課程
 山口大学大学院東アジア研究科後期博士課程教育開発専攻