学生生活・就職就職部からのお知らせ

"わたし"の就活体験記①

2015年08月03日(月)

学科:教育学科 内定先:建設業 

Q1:いつから就職活動を始めましたか?どのような活動をしましたか?
インターンシップは3年生の8月から参加しました。合同企業説明会は3月スタートから参加し、いろいろ参加企業の話を聞きました。それと、マイナビなどを使い100社くらいはエントリーし、そのうち40社ほど説明会に参加しました。

Q2:インターンシップに参加しましたか?参加したインターンシップはどのような内容ですか?
学内インターンシップでは、サービス業のPBL型(問題・課題解決型)インターンシップに参加しました。他大学の学生と1つの課題について一緒に解決していく内容で、課題は"いかにお客様を集めるか"というもの。イメージをUPさせる方法を考え、パンフレットの作成までを他大学の学生と行いました。 また、1dayインターンシップも参加しました。こちらはグループワーク形式のものに3つか4つと、プレゼン形式のものにも参加しました。

Q3:就職活動で気をつけた点、苦労した点はありますか?
時間に余裕を持つことです。特に中小企業の説明会は駅から遠い場合が多く、道に迷う事もあります。ギリギリに到着する予定だと焦ります。それと交通費。これに意外とお金がかかります。今から貯金をしておいた方がいいと思います。

Q4:就職部はどのように利用しましたか?
インターンシップや就職の相談、パソコンの利用、履歴書やエントリーシートの書き方など、全般ですね。

Q5:後輩にアドバイスをお願いします。
今は採用活動が活発で、動けば内定がもらえます。「まず行動すること。」と言いたいですね。妥協して就職することは良くないと思いますので、自分の納得できる就職活動をして欲しい。あと、筆記試験(SPIなど)は、中学や高校の勉強をやり直しておかないといけないと解けません。分数や利益を求める問題、速さや距離を解答する問題がよく出ました。あとは普段から正しい日本語を使っておくべきです。何でも「やばい」という言葉にまとめてしまうと、何が「やばい」のか、答えることが出来ません。(笑)