学生生活・就職芦屋ソーラーカープロジェクトからのお知らせ

ソーラーカープロジェクト第6回大阪モーターショーに参加

2009年12月04日(金)

2009年12月4日(金)
本学ソーラーカープロジェクトは、インテックス大阪に於いて本日開幕した「第6回大阪モーターショー ~人、地球、クルマをもっと好きになる!~」 (主催:大阪モーターショー実行委員会)に参加し、3号館学校研究車両ゾーンに"芦屋SkyAceTIGA"と"芦屋SkyAceQUAD"の2台を出展しました。初日の今日は主催者による開会式も開催され、午前中から平日と思えないほど入場者が多く、プロジェクトの学生たちは、ブースを訪れる人たちへの対応に大忙し。「この車はどこから乗り込むのですか?」というような素朴な質問から、「シャシーの素材は?」「モーターやパネルの最大出力はどれくらいですか?」などの専門的な質問に対しても、学生たちはとても丁寧に説明していました。

このイベントは12月7日(月)まで開催されます。詳しくは、大阪モーターショーのWebサイトをご覧下さい。

大阪モーターショーは1999年に第1回が開かれ、以降2年に1回の開催で今年第6回を迎えました。毎回国内大手メーカーが揃って参加する西日本最大級の自動車イベントです。今回は特に「人、地球、クルマをもっと好きになる!」をテーマに、各社、各ブースとも地球環境やエネルギー問題に取り組んだ電気自動車やハイブリッドカーの展示が目立ちました。そんな中、学校研究車両ゾーンに展示された本学のソーラーカーはまさに究極のエコカーであり、最もシンボリックな存在であったと言えるでしょう。