学生生活・就職芦屋ソーラーカープロジェクトからのお知らせ

「ドリームカップソーラーカーレース鈴鹿2008」レポートVol.3

2008年08月02日(土)

2008年 8月2日(土) レース初日
9時15分から始まった予選では、共に昨年の記録を上まるタイム(芦屋Sky Ace TIGA 4分02秒657、Sky Ace Ⅱχ 4分19秒696)を出すも、芦屋Sky Ace TIGAは5番手、Sky Ace Ⅱxが9番手タイムとなった。
この順位がそのまま第1ヒート(本戦)のスターティンググリッドとなる。

第1ヒートは13時にスタート。TIGAは第1周回で早速トップを奪ったが、その後2位と順位が何度か入れ替わる。
結局2位のままスタートから約1時間30分、予定通りドライバー交代を行い、その後はトップをキープ。2位に2ラップ差をつけて第1ヒートを終了した。一方、Ⅱχは淡々と自分たちの走りを続け、30週クラス16位で1日目を終えた。
明日の天気は晴れの予報、芦屋Sky Ace TIGAはこのままトップをキープして、史上初の総合4連覇を、Sky Ace Ⅱxは自己ベストの更新を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。