学生生活・就職芦屋ソーラーカープロジェクトからのお知らせ

「Dream Cupソーラーカーレース鈴鹿2010」レポートVol.1

2010年08月01日(日)

2010年7月31日(土)
三重県鈴鹿市鈴鹿サーキットに於いて、「Dream Cupソーラーカーレース鈴鹿2010」が開催され、本学ソーラーカープロジェクトからは最高峰の"ドリームクラス"に芦屋SkyAceTIGA(スカイエースティガ)、2008年に新設された4輪のカテゴリー"オリンピアクラス"には芦屋SkyAceQUAD(スカイエースクアッド)が出場。
レース初日のこの日には公式予選が行われ、芦屋大学ソーラーカープロジェクト(A)チーム(車両:TIGA)が3分40秒362のタイムで全体1位。同(B)チーム(車両:QUAD)は4分4秒677でオリンピアクラス1位、全体でも5位につけるという好成績でした。

13:00から行われたレース本戦(第1ヒート4時間)のスタート位置(スターティンググリッド)は、公式予選の順位で決まるため、TIGAは先頭(ポールポジション)から、QUADは5番手からのスタートとなりました。
スタート時はよく晴れていたものの、その後曇り空となり最後1時間ほどは回復するという不安定な天候の下、レースは本学と2位のチームが17:00の第1ヒート終了間際まで終始首位を争う展開となりました。最後に少し引き離し、わずかな差でTIGAが初日トップに立ちましたが、その差はほとんどありません。1・2位とも55周回(歴代最高周回)とハイレベルな争いで2日目も目が離させません。オリンピアクラスはQUADが42周回で他を寄せつけず断然トップに。総合でも10位につける大健闘です。
この調子で栄冠をつかめるか・・・第2ヒートに期待しましょう!
※初日(第1ヒート)の詳しいレース結果は「Dream Cupソーラーカーレース鈴鹿2010」Webサイトをご覧下さい。