学生生活・就職芦屋ソーラーカープロジェクトからのお知らせ

『ソーラーカーレース鈴鹿2011』悲願のW優勝!

2011年08月06日(土)

2011年8月6日(土)
三重県鈴鹿市鈴鹿サーキットで開催された『ソーラーカーレース鈴鹿2011』に、本学ソーラーカープロジェクトの2チーム「芦屋SkyAceTIGA」と「芦屋SkyAceQUAD」がそれぞれ"ドリームクラス"と"オリンピアクラス"に出場しました。(カテゴリークラスの説明はソーラーカーレース鈴鹿2011のWebサイトを参照→こちら)

『ソーラーカーレース鈴鹿』は今年20回目を迎えた国内最大のソーラーカーレースで、FIA(国際自動車連盟)が公認する唯一のレースです。この大会に於いて本学ソーラーカープロジェクトは過去に7回の総合優勝を果たしています。昨年"オリンピアクラス"では「芦屋SkyAceQUAD」がクラス優勝しましたが、TIGAは惜しくも2年連続の2位となっていたため、今年は両クラスでのW優勝を目指して大会に臨みました。

昨年までは、2日間の2ヒート制合計8時間(4時間×2日)で順位を競いましたが、今年からは1日に5時間を走るルールに変更され、出場するどのチームにとっても未知の領域でのレースとなりました。

12:00 レース開始、TIGAもQUADも順調なスタート。QUADは終始クラストップを走行。TIGAは大阪産業大学OSU model'sと終始激しい首位争いを繰り返しながらレースは進みました。

14:30~15:00 レース中盤、予定通りのドライバー交替(TIGAはタイヤ交換も)終わり、QUADは安定した走りで首位をキープ。TIGAもドライバー交替からまもなく首位を奪取し、2位を30秒程度リードして順調にレース終盤へ。

15:50頃 TIGAの後輪にタイヤトラブルが発生し緊急ピットインすることになり、チームに緊張が走りました。日頃のタイヤ交換練習の成果を発揮して約40秒でタイヤ交換作業を完了し、コースに復帰を果たしましたが、OSU model'sに首位を明け渡してしまいました。

16:00~ タイヤへの不安が無くなり、4分01秒525(1周)のファステストラップを記録するなど猛烈な追い上げで首位に迫り、その差は見る見る1~2秒差に縮まりました。そして、16:52頃ついにシケインでOSU model'sをオーバーテイクして首位に立ちました。その直後、1位2位両車ともにスローダウンするというおまけもつきましたが、そのままの順位で17:00レース終了。

QUADは結局1度も首位を譲ることなく、ぶっちぎりの53周回で"オリンピアクラス"優勝!総合でも10位の好成績でした。
TIGAも68周回で堂々大会通算8回目の総合優勝を果たし、チーム悲願の"W優勝!!"を達成。

「芦屋SkyAceTIGA」が学生・教職員・OBの総力を結集して大会通算8度目の総合優勝に輝いたのは大変素晴らしいことです。また、ほとんど学生だけで運営した「芦屋SkyAceQUAD」が"オリンピアクラス"で連覇したことも、非常に意味のあることでした。

芦屋大学ソーラーカープロジェクトにたくさんのご支援ご声援をいただき、誠にありがとうございました。