学生生活・就職芦屋ソーラーカープロジェクトからのお知らせ

『ソーラーカーレース鈴鹿2012』クラス3連覇!!

2012年08月04日(土)

2012年8月4日(土)
今年50周年を迎えた三重県鈴鹿サーキットで開催された『FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿2012』に於いて、本学ソーラーカープロジェクト"芦屋SkyAceQUAD"が見事「オリンピアクラス」3連覇を果たしました。

今回初めて3台の車両をエントリーしたソーラーカープロジェクト。昨年最高峰のドリームクラスで優勝(通算8回目)し、連覇を目指す"芦屋SkyAceTIGA"と、2011年オーストラリアの『ワールドソーラーチャレンジ』でデビューし、今回ドリームクラスに初めて参戦する"芦屋SkyAceFIVE"、そしてオリンピアクラスで3連覇の懸かった"芦屋SkyAceQUAD"の3台です。TIGAは教員・OB・学生混成のベストチーム、FIVEはOBが中心となり、QUADは現役学生がほとんどのチーム運営を行いました。

12:00 定刻通りレーススタート。天気は快晴。スターティンググリッド(スタート位置)は前日のフリー走行のタイムにより、TIGAが2番、QUADが4番、FIVEが5番目からのスタートとなりました。レース序盤はTIGAが予選1番手のOSU(大阪産業大学チーム)とトップを争う展開。FIVEも6位以内を安定して走行。QUADはオリンピアクラスを独走し、総合でも上位をキープ。

14:00~15:00 レース中盤、少し雲が掛かって太陽が出たり入ったりの天候になり、各チームエネルギーをセーブしながらの走行。ピットストップを1回にするのか2回にするのかの思惑・作戦が交錯する展開。本学チームはFIVE>QUAD>TIGAの順番でピットストップしてドライバー交替。TIGAはタイヤ交換も行ないました。ピット作業は練習の成果を発揮して、まるでF1(フォーミュラーワン)レースを思わせるようなスピード感!サーキット内のDJブースからも紹介されていました。

16:00~17:00 レース終盤、太陽は顔をのぞかせたり雲に入ったりの天候。その後、FIVEとQUADはそれぞれ一回ずつピットインしてドライバー交替。総合順位ではTIGAはトップのOSUとの差がなかなか縮まらず最終2位でフィニッシュ。FIVEはレース最終盤にエネルギー切れでマシンストップしてしまいましたが、それまでに52周回しており総合8位。QUADはレース後半に猛烈な追い上げを見せ、オリンピアクラスでは断トツのトップでクラス3連覇を果たし、総合順位でも3位に入賞する大健闘を見せました。

芦屋大学ソーラーカープロジェクトにたくさんのご支援ご声援をいただき、誠にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

※その他の画像は ASHIYA SNAP SHOT にアップしています。