学生生活・就職国際交流課からのお知らせ

韓国・アメリカ語学研修報告

2009年10月03日(土)

◆~・韓国・聖潔大学校への語学研修・~◆

姉妹大学の聖潔大学校に於いて、8月2日より8月14日まで語学研修を行いました。
本学の学生6名(短大含む)と、随行教員として瀧巌教授、金世徳客員准教授が参加しまし
た。午前中は韓国語の集中授業、午後はソウル市内見学等を行い、聖潔大学校の学生たち
と友好を深めました。聖潔大学校の学生たちはたいへん親切で、研修期間中、連日交代で本学
の学生をエスコートしてくれました。また非常に日本語が上手なのには驚かされました。
国会議事堂の見学や、韓国経済新聞社・京畿道庁・民主平和統一諮問会議訪問、板門店
見学などもあり、充実した研修内容となりました。
研修中には、昨年度本学に交換留学で在籍していた陳スーさんや金ユナさん、今年度の7月
まで在籍していた李信惠さんたちとも再会し、旧交を温めることができました。
帰国後も、聖潔大学校の学生と本学の学生たちの友好の輪は広がっています。


◆~・アメリカ語学研修 ひょうご大学連携推進協議会主催・~◆

※ 異文化体験プログラム・フェーズⅠには、本学より2名の学生と随行教員として渡辺佐美
夫教授が参加しました。ワシントン州内でシアトル班とオリンピア班に分かれて活動を行い、
午前中は英語の授業、午後からはシアトル・マリナーズの観戦、ネイティブ・アメリカンのマカ
族を訪問するなど、文化交流活動を行いました。
シアトルで行われた日本文化を紹介するイベント「AKIMATSURI」には、ボランティアとして
参加しました。学生たちが折り紙の折り方を紹介するコーナーでは、子どもたちの行列が出来
るほどの大人気振りでした。

※ 問題解決型フィールドワークプログラム・フェーズⅡには、本学より1名の学生が参加しま
した。1週間の語学研修の後、ワシントン州内で5班に別れて、各班ごとにテーマを決めフィー
ルドワークを行いました。本学の学生は、ラベンダーで有名な町セクイムで、農場での作業体
験、農家の方へのインタビュー等を行い、ラベンダーに関する調査活動を行いました。調査し
た内容を卒業論文として使用することもあり、非常に熱心に取り組んでいました。
専門的な内容を英語で質問することも多く、英語力の不足を実感することもありましたが、
同時に英語で会話することの楽しさを体感できる機会となりました。

※フェーズⅠ・フェーズⅡに参加した学生ともに、アメリカの一般家庭でのホームステイを体験
し、日本との習慣の違いに驚いたり、また日本料理を作って紹介したりと、充実した異文化体
験を経験することができました。TOEICの点数アップや、語学を活かした職業に従事したいな
ど、参加したメンバーそれぞれが、将来への大きな目標を得た研修となりました。
 *研修期間*
  ・フェーズⅠ(初級クラス):8月30日~9月15日
  ・フェーズⅡ(中級クラス):8月23日~9月8日