学生生活・就職健康管理センターからのお知らせ

梅毒患者が増加しています

2018年12月20日(木)

近年、梅毒の感染者が急増しています。

患者年代別では、男性は2040代まで幅広く、女性は20代が多く報告があがっています。

梅毒は主に性行為によって感染し、感染に気づきにくいことから治療の遅れや感染拡大につながりやすい危険な感染症です。

梅毒は過去の病気ではありません。ひとりひとりが正しい知識を持って予防することが必要です。

健康管理センターでは、健康相談を行っています。

病状に応じて医療機関の紹介も可能ですので、気になることがあれば気軽にご相談ください。