学生生活・就職健康管理センターからのお知らせ

MERSコロナウイルスによる感染症について

2015年06月09日(火)

2015年6月9日(火)

MERSコロナウイルスによる感染症について外務省から注意が発信されています。

サウジアラビア、アラブ首長国連邦などの中東各国、ドイツ、フィリピン及び韓国で中東呼吸器感染症(MERS)が発生しています。

MERSは感染してから2~14日後に発熱や呼吸器症状(せき、息切れや呼吸困難など)を引き起こします。感染しても症状が出ない場合もあり、特別な治療法やワクチンはありません。

WHO(世界保健機構)では、6月2日付けで、ヒトからヒトへの感染を裏づける証拠は見つかっていないとの見解を示し、現在、感染経路や臨床経過について調査を進めています。

★海外に滞在する場合または、新たに派遣される場合(留学・訪問など)は、渡航先最寄りの日本国大使館または、総領事館から最新の情報を入手してください。

★また、外務省が実施している「たびレジ」への登録をお勧めします。

「たびレジ」は、海外へ出かける時に、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡が受け取れるシステムです。メールの宛先として、自分のアドレス以外に家族のアドレスも登録できます。

たびレジ-外務省海外旅行登録

http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg

★コロナウイルスに対する一般的な予防策

・休息、栄養を十分に取り、心身に抵抗力をつける。

・手指などの衛生保持に心がける。

・できるだけ人ごみを避けるかマスクを着用する。

★★MERS患者の発生が報告されている地域に旅行し、帰国後14日以内に発熱やせきなどの症状がみられる場合は、直接医療機関には行かずに、事前に最寄りの保健所へ連絡の上、指示に従ってください。

厚生労働省HP 中東呼吸器症候群(MERS)について

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html

★梅雨に入り、気温や湿度が変化して体調を崩しやすい時期です。十分な睡眠時間を確保し、バランスの良い食事をして、健康を保ちましょう。

★健康管理センターでは、看護師が健康上の悩みや心配事について話を聞き、アドバイスや、希望者には受診先を紹介をしています。積極的に利用して、充実した学生生活を送りましょう。

健康管理センター 

利用時間:月曜日~土曜日 9:00~17:00

場所:短大前、セミナーセンター2階