学生生活・就職スポーツ教育センターからのお知らせ

特別講義Ⅱ水泳実習実施

2012年08月08日(水)

2012年8月6日(月)~8日(水)
兵庫県立芦屋高等学校のプールに於いて、平成24年度前期『特別講義Ⅱ水泳実習』を実施し、臨床教育学部 教育学科 スポーツ教育コースの学生43名が参加しました。

8月6日(月)同高校の柔道場で日本赤十字社兵庫支部の方を講師に迎え、「水上安全短期講習」として「一次救急救命処置(人工呼吸・心臓マッサージ・AED)」と「水の事故の動向とその防止」を受講。午後からは場所をプールに移し、「監視と救助、プール監視の重要性、着衣泳」の指導を受けました。

7日(火)から本格的に終日プールを使用した水泳実習がスタート。山本晴基(やまもと はるき)氏(近畿大学卒業 2008五輪自由形強化選手 2011ライフセービング世界選手権日本代表 現同志社大学水泳部コーチ)をゲストティーチャーとして迎え、水泳の主にクロールと平泳ぎの基礎を講習していただきました。

8日(水)最終日。昼食後にビデオを視聴して自分のフォームをチェックし、午後の習熟度テストに臨みました。実習の最後には、参加全学生が6チームに分かれてリレーで競争し、3日間に亘る実習は幕を閉じました。