学生生活・就職技術研究棟

技術研究棟の設備

デザイン、CAD、生命工学、電子工学、自動車工学。
それぞれの分野には、未知の世界が無限に広がっています。それらにじっくりと向き合い、専門的知識・技術を高めていける設備・機器が、芦屋大学の技術研究棟には揃っています。
ここでなら飽くなき探究心は、存分に満たせるはずです。

産業デザイン実習室及び写真研究室

産業デザインを学ぶためのCADやCG設備と写真撮影のための照明装置・現象設備まで整い、クリエイティブな作業を体験できます。

CAD室

建築・電気・機械など製図を要する業界に浸透しているCAD。この操作テクニックがマスターできるコンピュータとA1サイズまで可能な大型カラー出力機が揃っています。

電気工学実験室

電気工具をはじめ、電磁気の計測器、実験用の発動機・発電機・増幅器も揃っているので、様々な実験・実習に取り組めます。

労働科学センター

筋電計、フリッカー測定器、連続反応試験機、交通心理処理判断器などを用いて、「労働」を心理学・生理学など幅広い学術的観点から研究できます。

熱機関実験室

エンジンなど熱機関の燃焼を研究する実験室では、レーザー式噴霧粒径測定装置を用いて、燃料の状態や分布を計測・解析することができます。

電子工学特別研究棟

驚異的な分解能により原子レベルでの細かな操作を可能にする、最先端の走査型トンネル顕微鏡を持つ本学では、国際レベルの研究が行われています。

製図室

建造物や立体造形物など三次元のモノを、二次元に描き起こすのが「製図」です。誰にでも正確に大きさや形を伝えることのできるルールと描き方が学べるプロ仕様の設備が整っています。

工作機械室

旋盤、プライス盤、研削盤など鉄工所並みの工作機械が揃っているため、様々な金属加工や機械工作に挑戦でき、工業技術の基礎とも言える加工技術がマスターできます。

材料実験室

物質の硬度や強度を調査する試験機、組織を観察する電子顕微鏡など、企業で用いる機材を使い、金属やプラスティックなどの材料の性質・特徴が解明できます。

木材加工室

木材に関する性質・特長の学習をはじめ、作業工程や加工技術など、思い思いの工作物を創造・製作する技術を体得することができます。

音響・振動特別研究棟

最新鋭の完全無響室に振動発生器、音響・振動の測定分析装置などを駆使すれば、自動車の振動や燃焼騒音の研究のほか、音づくりや音声分析、さらにはスピーカー製作まで取り組めます。

生命工学特別研究棟・温室

昆虫の体内時計や光周性などを調べる環境調整室から数種類の恒温器、貴重な植物を栽培する温室まで、生物と環境の関わりが存分に研究できる設備を擁しています。

自動車整備工場・自動車研究棟

エンジン&シャシの性能テスト、自動車の検査ライン、塗装・洗車の装置、音響レベル&振動の計測装置まで揃い、ここで整備技術を習得すると「自動車整備士2級」取得が可能となります。