卒業生の方へ芦屋大学・短期大学同窓会規約

第1章 総則

(名称)
第1条

本会は、芦屋大学・短期大学同窓会、通称アシヤカレッジ同窓会(以下、「同窓会」という。)と称する。

(事務所)
第2条

同窓会は芦屋大学・芦屋学園短期大学構内に本部を置き必要な地に運営委員会の承認を得て、支部を設ける。本部には事務局を置く。

(目的)
第3条

同窓会は、会員相互の親睦を図り、母校の健全な発展に貢献することを目的とする。

(事業)
第4条

同窓会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  1. 会員名簿の整備と管理。
  2. 芦屋大学・芦屋学園短期大学在学生に対する奨学金の支給。
  3. その他、同窓会の目的を達成するために必要な事業。

第2章 会員

(区分)
第5条

同窓会は、次に揚げる者を正会員とする。

  1. 正会員
    芦屋大学・芦屋学園短期大学を卒業した者
  2. 特別会員
    学校法人芦屋学園教職員及び学校法人芦屋学園の発展に貢献した者で運営委員会が承認した者

(権利)
第6条

会員は役員を選出し、あるいは自ら役員となって同窓会の運営に参画し、または正当な手続きを経て母校の発展に寄与する提言をすることができる。

(義務)
第7条

会員は規約を遵守し、本会の名誉を傷つける言動をしてはならない。また定められた同窓会費を負担しなければならない。

(同窓会費)
第8条

会員は、芦屋大学・芦屋学園短期大学卒業時、同窓会費を納入しなければならない。一旦納入された同窓会費はいかなる事由があっても返却しない。

  • 2 会費は、終身会費 20.000円とする。

(資格喪失)
第9条

会員が次の各号の何れかに該当するときはその資格を失う。

  1. 死亡したとき。
  2. 退会を申し出て運営委員会で承認されたとき。
  3. 本規約(義務)第7条を違反し除名されたとき。

第3章 役員

(役員)
第10条

同窓会に次の役員を置く。

  • 会長 1名
  • 副会長 2名
  • 運営委員 各支部長及び運営委員会で承認された者
  • 事務局長
  • 事務局長補佐
  • 会計
  • 監事 2名
  1. 会長、副会長は、運営委員の互選により決定する。
  2. 事務局長、事務局次長、会計は、会長が指名し、運営委員会の承認を得て決定する。
  3. 監事は、運営委員会で選任する。

(役員の任務)
第11条

役員の職務は次のとおりとする。

  1. 会長    会長は同窓会を代表し、会務を統括する。
  2. 副会長   副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
  3. 運営委員  同窓会活動を推進するため企画・運営を行う。
  4. 事務局長  会長の指示に基づき会務を遂行し、事務局を掌握する。
  5. 事務局次長 次長は局長を補佐し、局長に事故あるときはその職務を代行する。
  6. 会計    事務局長の指示に基づき会計処理を行う。
  7. 監事    監事は同窓会の会計、業務執行状況を監査しその結果を総会に報告する。

(役員の任期)
第12条

役員の任期は3か年とする。ただし、再任は妨げない。役員の中に欠員が生じたときには補充することができる。この場合、後任者の任期は前任者の在任期間とする。役員の任期満了のときも後任者が就任するまではその職務を行うものとする。

(役員の報酬)
第13条

役員は無報酬とする。

第4章 会議

(会議の区分)
第14条

同窓会の業務を円滑にかつ合理的に推進するため、総会、運営委員会を設ける。

(総会)
第15条

総会は全会員をもって構成し、通常総会は毎年1回、会計年度終了後に開催する。総会は会長がこれを招集し、その議長となり、運営委員会において決定した事項を報告するものとする。運営委員会が必要と認めたときは、臨時に開催することができる。

(運営委員会)
第16条

運営委員会は同窓会の執行機関であり、会長、副会長、運営委員、事務局長をもって構成する。定例運営委員会は、毎年10月に開催し、会長がこれを招集し、その議長となる。

  • 2 運営委員会の開催通知は開催の14日前までに、日時、場所、議案事項を明記して各人に通知しなければならない。議事は出席者の過半数の同意をもって決し、可否同数の場合は議長がこれを決定する。
  • 3 前項のほか、必要に応じ臨時に開催することができる。緊急止むを得ない場合は必ずしも7日前までに文章による通知をしなくてもよい。
  • 4 監事は運営委員会に出席して意見を述べることができる。

(運営委員会の審議事項)
第17条

運営委員会において審議決定するべき事項は次のとおりとする。

  1. 同窓会運営のための基本方針
  2. 規約の改廃
  3. 決算の承認
  4. 予算の議決
  5. 規約第5条第2号、第9条第2号、第20条、並びに第25条に定められた事項の決定
  6. その他必要事項

(議事録)
第18条

総会及び運営委員会の内容を議事録に収録し、議長及び議長の指名する2名の出席者がこれに署名し、捺印し、本部に保管するものとする。

第5章 支部

(支部)
第19条

運営委員会の承認を得て設けられた支部は別表のとおりとする。

(運営)
第20条

各支部は設立趣旨に則り、会員相互の親睦を図り、母校の健全な発展に貢献するために3年間に一度は支部総会を開催しなければならない。3年間に亘って開催されず、運営委員会からの開催督促後1年以内に開催されない場合は、運営委員会の決議をもって休眠、又は解散させる。

(支部役員)
第21条

支部には次の役員を置き運営しなければならない。

  • 支部長  1名
  • 副支部長 2名
  • 幹事
  1. 支部長は支部総会の承認を得た上、総会に諮って決定する。
  2. 副支部長は支部長が指名する。
  3. 幹事は会員の互選とする。

(支部役員の任務)
第22条

役員の職務は次のとおりとする。

  1. 支部長 支部長は支部を代表し、会務を統括する。
  2. 副支部長 副支部長は支部長を補佐し、支部長の指示に基づき会計処理を行う。会長に事故あるときはその職務を代行する。
  3. 幹事 支部活動を推進するため企画・運営を行う。

(支部役員の任期)
第23条

役員の任期は3か年とする。ただし、再任は妨げない。役員の中に欠員が生じたときは補充することができる。この場合、後任者の任期は前任者の在任期間とする。役員の任期満了のときも後任者が就任するまではその職務を行うものとする。

(機関の設置)
第24条

支部の運営を円滑に行うため、支部総会及び幹事会を設けなければならない。支部総会及び幹事会は、支部長が必要に応じてこれを招集し、その議長となる。

(支部の新設)
第25条

新しく支部を設置したい場合は、設立趣旨に同意する同窓会員20名以上が署名した設立要望書を運営委員会に提出し、設立の承認を得なければならない。

第6章 会計

(会計年度)
第26条

同窓会の会計年度は、毎年9月1日より翌年8月31日までとする。

(経費)
第27条

同窓会の経費は、同窓会費、寄附金その他の収入金をもって充てる。

(運営経費)
第28条

同窓会は目的を達成するために必要な運用経費、及び次の経費を支出する。

  1. 役員会、運営委員会開催に係る施設使用料、飲食費、出席者の交通費等。
  2. 支部総会開催に関する補助金(出席者一名につき3.000円)。
  3. 同窓会役員、及び支部総会からの依頼により学校法人芦屋学園教職員が参加する際の旅費交通費及び参加費。

(決算)
第29条

同窓会の決算は、毎会計年度の終了後、監事の意見を附し、運営委員会の議を経て、総会に承認を得なければならない。

(附則)

この規則は、平成27年11月28日から施行する。
この規則は、平成29年9月11日から施行する。

別表
支部名 地域
東日本支部 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・山梨・長野・静岡
中部支部 富山・石川・福井・岐阜・愛知・三重
京滋支部 滋賀・京都
大阪支部 大阪
和歌山支部 奈良・和歌山
神戸支部 神戸市・明石市・三田市・淡路市・洲本市・津名郡・南あわじ市・芦屋市・西宮市・尼崎市・伊丹市・宝塚市・川西市・川辺郡猪名川町・西脇市・篠山市・丹波市・朝来市
姫路支部 姫路市・高砂市・加古川市・三木市・加西市・小野市・相生市・赤穂市・穴粟市・養父市・美方郡・豊岡市・揖保郡・加東市・加古郡・多可郡・赤穂郡・神埼郡・佐用郡・氷上郡・養父郡・加東郡・龍野市・美嚢郡
西日本支部 鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知
九州支部 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄