林 泰子

学科名 幼児教育学科
役職名 講師
英文表記 HAYASHI, Yasuko

担当科目

教育原理
教育の方法および技術
教育制度論
情報機器の操作Ⅰ
情報機器の操作Ⅱ
卒業研究

<科目系列>
教育学

<専門研究分野>
教育方法
情報教育

称号・学位・免許資格

滋賀大学大学院
教育学研究科学校教育専攻
情報教育専修修了
教育学修士

所属学会等

日本教育情報学会
大学教育学会
高等教育学会

社会活動

<平成27年度>
滋賀県大津市立打出中学校 人権教室講師(平成28年1月14日)

<平成26年度>
滋賀県大津市立打出中学校 人権教室講師(平成27年1月15日)
滋賀県立草津東高等学校 人権学習講師(平成26年6月12日)
滋賀県人権擁護委員連合会人権研修会講師(平成26年5月15日)

教育研究活動

<主要業績>
(著書・共)『主体的に学び意欲を育てる 教学改善のすすめ』
第3章4節「授業実践の事例」
第5章コラム「若者のインターネト依存」
平成28年4月 ぎょうせい 87-95頁,138-139頁
(著書・共)『留学生のための日本語で学ぶパソコンリテラシー』
第6章「情報倫理-インターネット社会と情報倫理-」
平成27年1月 共立出版 110-124頁

<業績>(平成26年度~平成30年度)
(著書・共)    『主体的に学び意欲を育てる 教学改善のすすめ』
第3章4節「授業実践の事例」
第5章コラム「若者のインターネト依存」
平成28年4月 ぎょうせい 87-95頁 138-139頁
(教科書・共)   『留学生のための日本語で学ぶパソコンリテラシー』
第6章「情報倫理-インターネット社会と情報倫理-」
平成27年1月 共立出版 110-124頁
(論文・共・筆頭) 幼児教育課程におけるコミュニケーション能力の育成と検証―保育活動別のコミュニケーションに着目して―
平成31年3月 芦屋学園短期大学第45号
(論文・共・筆頭) 幼児教育課程における情報モラル教育と今後の展望
-情報モラルセミナーの実施とアンケート評価をもとに-
平成30年3月 芦屋学園短期大学研究紀要第44号 105-128頁
(研究報告・共)  「大学のコミュニケーション能力の改善が主体性に及ぼす効果の実証研究」
平成26年4月 平成23年度~平成25年度科学研究費補助金(課題番号23531030)
(学会発表・共) 幼児教育課程における情報モラル教育に関する実践と評価(2)―役割取得能力の向上への試み―
平成30年8月 日本教育情報学会第34回年会発表
(学会発表・共)  教職課程履修学生を対象としたプログラミング学習教材の活用と考察
平成30年3月 情報コミュニケーション学会第15回全国大会
(学会発表・共・筆頭)幼児教育課程履修者を対象とした情報モラル教育に関する実践と評価(1)
-短期大学生を対象としたアンケート調査と取り組み-
平成29年8月 日本教育情報学会第33回年会発表
(学会発表・単)中学生を対象とした道徳的判断を用いた情報モラル教材
平成28年8月 日本教育情報学会第32回年会発表
(学会発表・単)中学生を対象とした「ネット社会と人権」に関する情報モラル教育
平成27年8月 日本教育情報学会第31回年会発表
(学会発表・単)地域社会における「ネット社会と人権」に関する情報モラル教育(2)
平成26年8月 日本教育情報学会第30回年会発表