特待生選考基準

●学業特待生・教職特待生

指定校特待生推薦入試・AO入試[学力方式]・一般入試は学力試験・面接・書類審査により多面的・総合的に評価します。

編入学教職特待生入試は小論文・面接・口頭試問により多面的・総合的に評価します。

学力試験の得点を中心に評価しますが、指定校特待生推薦入試は書類審査(調査書)を、AO入試[学力方式]は面接をより重視します。

【選考基準】

ランク 学費減免内容 入試得点率 ※ 選考人数
 Ⅰ 入学金の全額及び4年間の学納金   90%~ 受験者の約10%がⅢランク以上
 Ⅱ 入学金の全額及び4年間の学納金の2/3   80%~
 Ⅲ 入学金の全額及び4年間の学納金の半額   75%~
 Ⅳ 入学金の全額及び4年間の学納金の1/3   70%~ 受験者の約20%がⅣランク以上
 Ⅴ 入学金の全額   50%~ 受験者の約50%がⅤランク以上

※入試得点率は、学力試験・面接・書類審査の合計によるものです。
※Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳランクで合格した者の学納金減免については、年次審査を行います。

◎得点率・選考人数は、学力試験の得点状況、募集状況により変動します。目安としてご覧ください。

●スポーツ特待生・芸術文化特待生

実技試験・面接・書類審査(競技・大会実績を含む)により多面的・総合的に評価します。選考基準は指定種目・方式により異なります。