石川 峻

学部 臨床教育学部
学科名 教育学科
役職名 講師
保有学位 修士(教育学)
英文表記 ISHIKAWA,Shun

担当科目

コーチング法演習Ⅱ(バスケットボール)、中等教科教育法Ⅱ(保健体育)、地域とスポーツ、陸上競技、健康スポーツ科学実習、水泳実習、スキー実習、大学生活入門、キャリア基礎、専門演習Ⅰ、専門演習Ⅱ

私からのメッセージ

「Never too late」
日本人で初めてNBAのコートに立ったプロバスケットボール選手、田臥勇太さんの書籍名です。
何を始めるにも決して遅すぎることはありません。
大学生からでも是非新しいことにチャレンジし、充実した大学生活を過ごして下さい。

研究・社会活動(書籍)など

<研究分野>
バスケットボール、ボールゲームの指導法、トレーニング科学、発育発達、競技者育成システム

<論文>
1) 石川峻・青木敦英(2020)
大学生男子バスケットボール競技におけるゲーム分析-本学における関西学生バスケットボール2部リーグ戦からの検討-
芦屋大学論叢第,72:57-63.

2) 石川峻・青木敦英(2019)
日本プロバスケットボール選手の誕生月分布に関する相対的年齢効果について‐2018–19シーズンの場合‐
芦屋大学論叢第,71:57-64.

3) 笠原清次・竹安知枝・盛谷亨・青木敦英・若杉祥太・石川峻・辻尚士・雄倉春来(2019)
大学の特徴を生かした教員の就職支援に関する一考察‐芦屋大学での教員採用試験対策をもとに‐
芦屋大学論叢,71:1-30.

4) 青木敦英・石川峻・竹安知枝(2019)
中学生バレーボール選手の身体特性と体力がスパイク速度に及ぼす影響
スポーツサイエンス,13(1):17-32.

5) 石川峻(2018)
日本のバスケットボールにおける選手育成システムについての一考察-諸外国との比較と今後の動向に着目して-
芦屋大学論叢,70:69-76.

6) 石川峻(2018)
わが国のバスケットボールにおける競技者育成システム構築のための基礎的研究-地域クラブと学校運動部の二重登録に焦点を当てて-
広島体育学研究,44:29-36.

7) 石川峻・青木敦英・別當和香(2018)
バスケットボールにおける個人のパフォーマンス評価に関する研究-Offensive Efficiency算出の試み-
芦屋大学論叢,69:11-18.

8) 石川峻・青木敦英(2017)
バスケットボールにおけるポジション別にみたリバウンド獲得状況と勝敗との関係
芦屋大学論叢,68:1-8.

<学会発表>
1) 石川峻・上田毅・橋本真(2019)
小学生年代のバスケットボールにおける3人制と5人制の比較-ポジション別の触球数に着目して-
第70回日本体育学会.

2) 青木敦英・石川峻・竹安知枝(2019)
バスケットボールにおける「流れ」と勝敗の関係-関西学生バスケットボール2部リーグについて-
第70回日本体育学会.

3) 竹安知枝・青木敦英・石川峻(2019)
障がい者のスポーツイベントに関する一考察
第70回日本体育学会.

4) 青木敦英・石川峻(2018)
中学生バレーボール選手のスパイク速度に及ぼす体格と体力の影響
第69回日本体育学会.

5) 石川峻・青木敦英(2017)
バスケットボールにおけるポジション別にみたリバウンド獲得状況と勝敗との関係
第68回日本体育学会.

<所属学会>
日本体育学会、日本バスケットボール学会、広島体育学会
兵庫体育・スポーツ科学学会、日本コーチング学会
日本運動・スポーツ科学学会、日本発育発達学会

その他

<学位>
修士(教育学)

<学歴>
広島大学教育学部健康スポーツ系コース
広島大学大学院教育学研究科修士課程
広島大学大学院教育学研究科博士課程(在学中)

<免許・資格>
日本バスケットボール協会公認B級コーチ
バルシューレジャパン公認バルシューレ指導者C級
中学校・高等学校専修免許状(保健体育)

<社会活動>
男子バスケットボール部コーチ
兵庫県学生バスケットボール連盟 総務委員
株式会社EPIC DREAM アドバイザー(3×3. EXE PREMIER HANSHIN EPIC. EXE)