院生の声

院生の声

教育学専攻博士前期課程

E・Yさん

研究テーマ

シンガポールにおける中等教育と諸問題

社会人を経て短期大学を卒業後、編入した大学で教育学を専攻し母国であるシンガポールと日本の教育制度の違いに興味をもちました。「どうして日本は早い段階で中等教育まで義務教育化されているのに、教育大国と言われているシンガポールは未だ義務教育化されていないのか」この疑問が大きなきっかけとなり、大学院への進学を決意しました。自身の経験も踏まえてシンガポールと日本の両国の教育事情をより深く学問として学び進めていきたいと考え、芦屋大学大学院へ入学しました。先生方との距離が近く、大変落ち着いた環境の中で学ぶことができ、些細な疑問にも応えてくださる先生方のサポートがあるので安心して研究に邁進できます。先輩方も自身の経験を交えて積極的にアドバイスをくださるので大変心強いです。常に探求心を持ち続け、今後の両国の教育事情を視ていきたいと考えています。

教育学専攻博士前期課程

H・Aさん

研究テーマ

認知症の介護に関する研究

シニアを受け入れてくれた大学で勉強するうち、卒業後も学びを深めたいと大学院進学を決意し、同じ大学に通っていた先輩の誘いもあり、芦屋大学大学院に入学しました。驚いたのは恵まれた環境。先生方との距離も近く、マイペースで研究活動ができるサポートが整っています。今学んでいるのは、教育心理学、教育思想史、社会学など。物事はすべて多方面から見る必要があることや、その背景を知る大切さを実感。年を重ねても知らないことが多く、大いに刺激を受けつつ新鮮な毎日を過ごしています。知る楽しさを持ち続けることが私にとっては大事な生きがい。年齢に関係なく和やかに学ぶことができるこの環境に満足しています。

技術教育専攻(修士課程)

S・Fさん

研究テーマ

中学校技術科における
教員採用試験の現状と課題

大学卒業後、6年半金融機関にて勤務しておりました。しかし、「働く」とは何なのかを真剣に考えるようになった時、中学校からの夢であった「教員」という職業に就き、これからの社会を担う子どもたちの成長に全力で向き合いたいと考えました。長い人生において一つのチャレンジができていることに、今はとても幸せを感じています。また、挑戦するのであれば、大学院という一つ上のステージで、素晴らしい先生方や仲間と共に教育について学び直せることは、近い将来に自信を持って教壇に立てると確信しております。
信頼し合える仲間、同じ夢を目指す同志に出会えるこの芦屋大学大学院は素晴らしい教育環境です。是非、芦屋大学大学院で一緒に学びましょう。

技術教育専攻(修士課程)

N・Yさん

研究テーマ

プログラミング的思考の向上を目的とした
自己調整学習モデルの開発と評価

近年のますます情報化にともない教育現場でのプログラミング教育が注目を集めています。また、生涯にわたって学び続ける力の修得を目指している点から学習者が能動的に学習する習慣を身につけるための学習方法の一つである自己調整学習にも同じことがいえます。
大学院の授業では、研究に必要な統計分析や教授学習理論、プログラミングなど広く情報教育について学んでいます。
研究では、プログラミング教育において自ら学ぶ力を身につける自己調整学習モデルの開発と評価を行っています。研究指導を受けながら授業実践や調査などで得られた研究成果については学会発表や学会誌投稿を目指すなど手厚い指導と支援があります。