心理学コース

学校現場で起きている心理問題に対応。人の心を理解できる教員を目指す。

学校現場で起きている心理問題に対応。人の心を理解できる教員を目指す。

取得可能な
資格・免許状
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 認定心理士(資格申請必要)
  • 准学校心理士(資格申請必要)
めざす職業
  • 中学校・高等学校教員
  • 教育・医療・福祉関連企業
  • 一般企業
  • 公務員
  • 大学院進学 など

心理学コースのポイント

心理学コースのポイント

POINT1学校現場で活躍できる心理学を専門的に学ぶことができる

芦屋大学では、教育現場で巻き起こる心理問題を専門的に学ぶことができます。「教育心理学」「発達心理学」「臨床心理学」の3領域について専門的に研究し、学校生活での人間関係や心理的課題に対応できる教員を育成します。

POINT2准学校心理士・認定心理士が取得可

心理学コースでは、「准学校心理士」「認定心理士」資格を取得することが可能です。「准学校心理士」は、カウンセリングなどによる子どもへの直接的援助を行うとともに、子どもを取り巻く保護者や教員、学校に対しても、「学校心理学」の専門的知識と技能をもって、心理教育的援助サービスを行うことを目的しています。教育現場や教育相談所、相談業務の委託などでの活躍が期待されます。また、実務経験等一定の条件を満たすことで、上位資格である「学校心理士」の取得を目指すことができます。

カウンセリング技法を学ぶ

カウンセリングはクライアントに寄り添うとともに、クライアント自身が自らに向き合う場でもあります。相談の悩みや問題をどのように聴くかの技法や、心理テストや検査を実際に体験しながら、いつどのように活用するのかを学びます。

カウンセリング技法を学ぶ

中学校で約11万人、高校で約5万人の生徒が不登校に

2017年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(文部科学省)によると、中学校で欠席日数が30日を超える生徒が年間10万8999人、およそ31人に1人が不登校生徒となっています。いじめや不登校、中途退学、児童虐待など、学校と関係する生徒の問題について学び、現場で対応できる教員が必要とされています。

中学校で約11万人、高校で約5万人の生徒が不登校に

4年間の流れと主要科目

4年間の流れと主要科目

1年次
教職科目
  • 教育学概論Ⅰ【中等】
  • 教育学概論Ⅱ
  • 教育心理学Ⅰ【中等】
  • 哲学概論Ⅰ・Ⅱ
教科に関する科目(社会)
  • 哲学概論Ⅰ・Ⅱ
教科に関する科目(公民)
  • 哲学概論Ⅰ・Ⅱ
専用教養科目
  • 教育の文学
  • 特別支援教育総論
実習  
2年次
教職科目
  • 教育の方法と技術【中等】
  • 教育方法学
  • 教育行政学【中等】
  • 道徳教育の指導法【中等】
  • 特別活動の指導法【中等】
教科に関する科目(社会)
  • 外国史概論Ⅰ・Ⅱ
  • 倫理学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 地理学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 経済学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 法律学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 教育社会学
教科に関する科目(公民)
  • 法律学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 発達心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 教育社会学
  • 経済学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 倫理学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 国際政治学Ⅰ・Ⅱ
専用教養科目
  • 教育方法の文学
  • 都市社会学Ⅰ・Ⅱ
  • 日本教育史Ⅰ・Ⅱ
  • 世界教育史Ⅰ・Ⅱ
  • 教育心理学研究Ⅰ・Ⅱ
  • 教育心理学実験Ⅰ・Ⅱ
  • 児童心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 発達心理学Ⅰ・Ⅱ
実習  
3年次
教職科目
  • 中等教科教育法(社会)
  • 中等教科教育法(公民)
  • 生徒・進路指導の理論と方法【中等】
  • 教育相談の理論と方法【中等】
  • 教育課程論【中等】
教科に関する科目(社会)
  • 政治学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 日本史概論Ⅰ
  • 社会学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 宗教学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 教育哲学Ⅰ・Ⅱ
教科に関する科目(公民)
  • 国際法Ⅰ・Ⅱ
  • 宗教学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 政治学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 教育哲学Ⅰ・Ⅱ
  • 国際政治学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会学概論Ⅰ・Ⅱ
専用教養科目
  • 家庭教育論Ⅰ・Ⅱ
  • 教育調査法Ⅰ・Ⅱ
  • 教育哲学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会教育論Ⅰ・Ⅱ
  • カウンセリング心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会思想史Ⅰ・Ⅱ
  • 人文地理学Ⅰ
  • 自然地理学
  • 西洋古典研究Ⅰ・Ⅱ
  • 西洋文化史Ⅰ・Ⅱ
実習
  • 教育実習事前・事後指導
  • 教育実習
4年次
教職科目  
教科に関する科目(社会)
  • 産業福祉論Ⅰ・Ⅱ
  • 日本史概論Ⅰ・Ⅱ
  • 地誌学概論Ⅰ・Ⅱ
教科に関する科目(公民)
  • 産業福祉論Ⅰ・Ⅱ
専用教養科目
  • 学習心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 視聴覚教育Ⅰ・Ⅱ
  • 人間関係論Ⅰ・Ⅱ
  • 放送教育Ⅰ・Ⅱ
  • アジア太平洋文化研究
  • 産業地理学Ⅰ・Ⅱ
  • 人文地理学Ⅱ
  • 自然地理学Ⅱ
  • 日本文化史研究Ⅰ・Ⅱ
  • 日本文化研究Ⅰ・Ⅱ
実習
  • 教育実践演習(中・高)

4年間の流れと主要科目

Pickup class
【 教育相談の理論と方法 】

4年 M・H さん 明浄学院高等学校(大阪府)出身

4年 M・H さん
明浄学院高等学校(大阪府)出身

芦屋大学には様々な資格や免許を取得できるところに魅力を感じました。授業も座学ばかりでなく、実際に身体を動かしたり、物づくりをしたりして学ぶことができるため、とても充実しています。少人数制で先生との距離が近く、一人ひとりにより丁寧かつ親身になって指導してくださるので、安心して学ぶことができ、進学して良かったです。「教育相談の理論と方法」の授業は、体育や技術の先生になりたいと考えている私にとって、心理について学べるいいチャンスです。授業外でも、たくさんの人と関わるほか、母校へ赴き外部コーチとして実際に教えるなど、人の気持ちを理解する努力をしています。

1週間の時間割モデル※3年後期

Mon Tue Wed Thu Fri Sat

10:00~
11:30
トレーニング
演習
設計整図

12:10~
13:40
教育課程論
【中等】
教育相談の
理論と方法
中等教科
教育法

13:50~
15:20
ゼミ 機械基礎演習

15:30~
17:00
加工材料の特性 コーチング
演習