大石 徹

学部 臨床教育学部
学科名 教育学科
役職名 教授
保有学位 社会人類学修士
英文表記 OHISHI, Toru

担当科目

社会学入門
教育社会学
社会学概論
情報化社会と仕事の世界
専門演習(都市と地域の社会学)
教職実践演習、都市環境研究(大学院)
都市環境演習(大学院)など

私からのメッセージ

現代は、高度情報化やIT革命が唱えられるような時代です。しかし、IT環境というハードがいくら立派になっても、ソフトという内容がみすぼらしければ、お話になりません。
かつても今も強力なソフトとして言葉があります。言葉が強力なソフトであることは今後も変わらないでしょう。それに、言葉を書いたり読んだりできるという読み書き能力は、企業人にも学校教職員にも公務員にも必ず求められています。
少人数教育制の芦屋大学は、みなさんが読み書き能力を身につけたい場合、有利な教育環境だと思います。

研究・社会活動(書籍)など

【研究テーマ】
都市のモニュメント(記念碑や銅像やパブリック・アート)
創造都市(都市の活性化)
盲人(聴常者)も晴眼者(見常者)も楽しめるユニヴァーサルな映画や娯楽など

【翻訳書】
スチュアート・タノック『使い捨てられる若者たち:アメリカのフリーターと学生アルバイト』(岩波書店)

【主な論文】
「ファストフードの現場では:各国の労働運動」
「モニュメント研究の動向」
「マック仕事の日本?:日本と米国とカナダの若年労働者が考えていること」
「マック仕事の労働者たち:米国とカナダと日本のファストフード店を中心に」
「日本版『使い捨てられる若者たち』」
「90年代大阪の一般飲食店と小売業:チェーン店を中心に」
「大阪(日本)流のおもてなしは国境を越える:上海万博大阪館の接客」
「娯楽・余暇の幅を広げる」
「映画の副音声をめぐる一考察:創造的観念を通して」など

その他

【所属学会】
日本文化人類学会、日本社会学会、関西社会学会、社会政策学会

【出身校】
慶應義塾大学文学部、東京都立大学大学院社会科学研究科修士および博士課程