Ashiya Topics 自動車技術コース(レーシングカート走行体験) 経営教育学科③

Ashiya Topics は、芦屋大学の様々な取り組みについてご紹介しています。
今回は、経営教育学科 自動車技術コースの授業の様子をお届けします。


自動車技術コース(レーシングカート走行体験)
 経営教育学科 自動車技術コースでは、二級ガソリン自動車整備士資格取得を目標の一つとして、技術や技能を専門的に学ぶ中で人間性を磨いていきます。また、整備士以外であっても、車が好きで自動車業界を目指したいという方は経営の講義をプラスして、整備の専門性のみにとらわれない幅広い知識を身につけることができます。

 今回は、「自動車整備実習1-Ⅱ」の授業をご紹介します。この授業では、基本的な整備作業から、自動車部品の分解組み立てを主体とした実習等を行っています。整備は車両を使うユーザーのために行うものでもあるため、実践では部品の動きや仕組みを理解するものだけでなく、ユーザーとして車両の挙動を理解している必要があるものも存在します。

 そこで、頭で理解するだけでなく、体での理解を促進するため、サーキットにてレーシングカートを使用した走行体験を通じて「体で学ぶ」機会を提供しています。最低限の装備しかないカートを体験することによって、市販車との違いを感じ取り、基本的な操作や安全運転に対する意識の向上にも役立ちます。

 また、一般企業のご協力のもとイベントの企画や運営を行い、一般の参加者も募集し、お客様に対するサービスなどについても学びを深めます。

◇サーキットでの走行体験
 
 学生13名、一般参加2名と教員を含め、16名が参加しました。
 (10月 神戸スポーツサーキット)

◇実施成果
▪ カート走行体験は運転免許を持っていない学生も体験できるため、自動車に対する理解を深めることができました。
▪ お客様からのご依頼で、実際に点検・修理を行う機会がありました。

 担当教員 森木 一彦 MORIKI, Kazuhiko


次回の Ashiya Topics にもご期待ください。
これまでの、Ashiya Topicsこちら
芦屋大学紹介動画はこちら
経営教育学科紹介動画はこちら


 芦屋大学 入試広報部