教職教育

Ashiya University教職教育

なりたいを叶える4つのポイント

POINT 01

少人数制教育で教職員が一人ひとりをサポート

POINT 02

有利な大学推薦枠
教員採用試験の一次試験免除枠44名(2020年度分)

教員免許状を取得できるコースが充実している本学には、地方自治体の教育委員会より、教員採用試験における大学推薦枠が付与されており、推薦された学生は筆記試験や面接などの一次試験が免除されます。

POINT 03

受験する都道府県別にサポート!
週に6日最大10コマの教員採用試験対策講座で
受験をサポート

教員を目指す学生のための対策講座を実施しており、無料で受講することができます。通年で週に6日最大10コマ、夏季・春季休暇中は合計10週間開講しています。教職支援課と連携し、個別指導を行い、現役合格に向けてサポートしています。

POINT 04

子どもと触れ合える機会が多い

芦屋市・西宮市・神戸市・宝塚市・池田市との交流により、直接子どもたちと触れ合うことができ、在学中より多くの学びの機会があります。

様々な切り口で、教員を志す学生の背中を押します

合格率が全国平均の約2倍を誇る本学の“秘密”は、教員採用試験に向け共に勉強し合う受験仲間の輪が広がっていることです。受験を終えた学生たちが「ちょっとした時間でも大学で一緒に勉強し合った仲間がいたことが励みになった」などと話す機会が多くあります。クラブ活動やスクールサポーターを続けながら、アルバイトと両立させながら受験勉強に取り組む彼らが日常的に生かしているのが数々の対策講座です。ほとんどの講師が本学教員ですが、少人数制教育の良さである受験生とのつながりを最大限に生かし、受験生ごとに個別に支援する体制がとれています。これまでの本学の取組のおかげで、自治体ごとの受験対策が充実しており、個別の支援が充実できるようになってきました。

■ 教職支援課によるサポート体制

教職支援課では、教員免許状取得に必要な実習(教育実習・介護等体験等)の手続き、実習中の留意事項等についてのオリエンテーションを実施しています。
この講座では、教員採用試験に必要な一般教養・教職教養・専門教養・模擬授業・面接指導・場面指導・集団討議(討論)等を受験する校種・自治体に合わせて指導します。
その成果を知るための全国公開教員採用模擬試験を年6回、学内で開催しています。少人数制教育の本学では、学生と教職員との距離が近く、アットホームな雰囲気で学ぶことができます。学生同士で勉強会を行い、情報共有しながらみんなで一緒に合格するという雰囲気で学ぶことができます。


短期大学を卒業後、教員を目指して編入しました。編入後2年で、小学校教諭一種免許状と特別支援学校教諭一種免許状の取得ができることが、芦屋大学を選んだ決め手です。編入前は不安もありましたが、同時期に編入した人たちと仲良くなることができ、今は楽しく過ごしています。教員免許状取得のための授業もメンバーがいつも一緒で、協力しあって学ぶことができます。芦屋大学は全体的に少人数でアットホームな雰囲気。外国人留学生も多く、新しい世界も広がり、毎日が充実しています。

M・Mさん

児童教育学科 初等教育コース 4年
聖和短期大学より3年次編入


小学校 神戸市・大阪市にW合格

小学校の頃から「先生」という職業に憧れを持っていました。学業と週3~4日のアルバイト・部活動・地元の空手教室のアシスタントを両立しながら幼稚園教諭一種免許状・小学校教諭一種免許状の2つの免許状を取得しました。面接練習に特に力を入れて対策をしました。勉強時間の確保が難しかったため、対策講座内の面接練習だけでなく、自宅から駅までの徒歩15分の時間を使い繰り返し練習をしました。

Y・Yさん

児童教育学科 幼児教育コース 2020年卒業
兵庫県 夙川高等学校出身

堺市 中学校(技術科)に合格

父が高等学校教員、叔父が中学校教員のため、二人の姿を見て育ち、この職業に憧れていました。面接で見られる「人間性」について考え直し、私生活を見直し人間力を鍛えることを意識しました。「授業が嫌い」と言っていた生徒が、教育実習の最終日に「今日で最後か・・・」と残念そうにしてくれたことが印象深かったです。生徒に寄り添い、慕われるような教員になりたいと考えています。

E・Yさん

経営教育学科 技術・情報教員養成コース 2020年卒業
奈良県 天理高等学校出身