学科紹介幼児教育学科

専門知識と現場対応力を持った、保育のプロを育てます。

本学の教育目標は、保育職の資格取得と健全で幸福な生活のための心身を育成すること。「生きる力」「感じる力」「表現する力」の三つから構成される「自己実現力」を学びの中で育成します。

生きる力

  • 心身の健康を保ち、自らも学ぶ姿勢と成長する努力を続ける意思を持つ。
  • 倫理観に裏付けられた専門的知識・技術・判断を持って保育をおこなう。
  • 対人援助職としての保育者の専門性を身につける。

感じる力

  • 子どもや保護者の思いや願いを理解・受容する。
  • 個と集団を見据えた関わりや援助ができるように全体を見通す力を養う。
  • 一人ひとりの発達状態やプロセスを正しく認識し、発達に応じた働きかけができているか確かめつつ指導する。

表現する力

  • コミュニケーション能力を身につけ、社会適応力を高める。
  • 芸術的センス・技能を磨き、保育者として適切かつ有効に伝達・教育する。
  • 子どもや子どもを取り巻く環境における問題点・特性を的確に伝える。

幼稚園・保育所で生きた学びを修得

国家資格をW取得できます。

毎年、本学と連携する保育施設での体験実習をはじめとし、実際の幼児教育の現場を通してより実践的な学びを身につけます。また、本学は文部科学省および厚生労働省の認定校として、国家試験が免除され、2年間で「幼稚園教諭二種免許状」と「保育士」の国家資格を同時に取得することができます。
さらに、社会福祉主事任用資格や幼児体育指導員など、幅広い資格の取得にも対応しています。