2019年4月新設臨床教育学部児童教育学科に保育士養成課程新設定員50名※入学後、全員が希望するコースに進むことができます。

最大3つの資格の同時取得が可能

充実したピアノレッスン・実習のサポート体制

子供と直接触れ合える機会が
多い実践的な教育システム

就職サポート体制について

自分で選べる2つのコース制

4つの学びのポイント

point1 最大3つの資格の同時取得が可能
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
    一種免許状
  • 小学校教諭
    一種免許状
  • 特別支援学校教諭
    一種免許状

※取得の組み合わせには制限があります。

一人ひとりに手厚いフォロー

クラス担任制授業や学生生活のことなどこまったことは気軽に
相談することができます。

サポート体制

未経験者・初心者にも安心
一人ひとりのレベルに応じたピアノ個人レッスン

入学前にレベルチェックを行い、レベルに応じた教本を決定します。初心者は楽譜についての基礎的な知識と演奏技術を身につけます。3年次からはより実践的な内容として、弾き歌い・歌唱指導・子どもの動きに合わせたピアノ奏法などを学びます。学内には個人練習ができるピアノ室を完備しています。

実習のサポート体制

1年次より提携保育所や附属幼稚園での見学実習・観察実習を行い、園の一日の流れや子どもの様子を知ることから始め、実習を進めていくための知識を習得します。実習先は自分で選ぶことができ、実習の手続き方法や実習記録の書き方などについて指導を受け、実習中は担当の教員が実習先を訪問し一人ひとりをサポートします。

子どもと触れ合える機会が多い

徒歩5分の距離にある附属幼稚園での授業・実習の他、赤ちゃんとその保護者からお話を聞くことができる「赤ちゃん先生」など、実際に子ども達と触れ合いながら学ぶ環境を整えています。

教育インターンシップ

芦屋市・西宮市・神戸市の教育委員会と教育提携をしており、放課後の小学校で子どもたちと触れ合う「学校ボランティア」、小中学校の授業サポートを行う「スクールサポーター」、4泊5日の自然学校の帯同など、子どもたちの先生として実際に交流できる機会が多くあります。

サポート体制

充実した教員採用試験対策講座

教員を目指す学生のための対策講座を実施しており、無料で受講することができます。週に6日・8コマ、夏期・冬期休暇期間中は合計10週間開講されており、現役合格に向けて通年サポートしています。各々が希望する自治体の採用試験に合わせ、一般教養や教職教育などの筆記試験対策のほか、独学での対策が難しい面接対策や模擬授業の指導も行っています。

大学推薦枠

教育学部として歴史のある芦屋大学では、過去の実績が評価され、各地方自治体の教育委員会より、教員採用試験における大学推薦枠が付与されています。平成31年度は小学校18名、特別支援学校17名の枠が付与され、多くの学生が夢に近づく大きなチャンスを得て、教員採用試験にチャレンジしています。

子どもの心に寄り添い、
理解できる幼児教育のプロフェッショナルに

■幼児教育コースの資格の組み合わせ

保育士

幼稚園教諭
一種免許状

小学校教諭
一種免許状

特別支援学校教諭
一種免許状

■小学校・特別支援学校の教員免許状取得のメリット

保育士+幼稚園教諭一種免許状

小学校教諭一種免許状

小学校との幼小連携教育へ対応した公立幼稚園の教員を目指すことができます。大阪市・京都市等の平成30年度教員採用試験では、幼稚園教諭の出願要件に「小学校教諭免許状」取得が条件となっており、認定こども園に対応するための保育士・幼稚園教諭の資格免許状に加え、小学校教諭の免許状取得者が求められています。

保育士+幼稚園教諭一種免許状

小学校教諭一種免許状

保育園や幼児教育の現場では近年、障がいを持った子供だけではなく、保育の指導上困難を抱える「気になる子供」が増えてきており、通常の保育・幼児教育の現場で特別支援教育について学んだ経験が活かされるようになっています。

深い知識と専門性を備え、子どもの心を
理解する小学校・特別支援学校の先生に。

■初等教育コースの資格の組み合わせ

小学校教諭
一種免許状

特別支援学校
一種免許状

幼稚園教諭
一種免許状

■特別支援学校の教員に必要な教員免許状

特別支援学校教諭一種免許状

小学校教諭一種免許状
幼稚園教諭一種免許状

特別支援学校の教員は幼稚園、小学校、中学校、又は高等学校の教員免許状のほか、特別支援学校の教員免許状が必要となり、本学の児童教育学科では小学校や幼稚園の免許状と併せて取得することができます。

■教員採用試験における加点措置

特別支援学校の教員免許状を取得していること、小学校等の教員採用試験を受ける際、一部の自治体では加点措置が近年取られるようになりました。小学校内の特別支援学級など、活躍の場が広がっています。

TOP