臨床教育学部教育学科

「教育」をテーマに知識と経験を広げ、人間と向き合うことの大切さを学びます。

教育学科紹介MOVIE

基礎的な理論はもちろん、実際の現場から「今何が求められているか」を積極的に学びます。中学校・高校の教員になりたい人や、教育学や心理学を探究したい人、国際的に活躍したい人、スポーツ教育を学び極めたい人のための学科です。

学びの特色

学習環境・支援体制を整えて、多様な学びの期待に応えるとともに、卒業後の自己実現を支援

教育学科では教育学・心理学・国際教養学・スポーツ教育の各コースが学べます。このような学生の皆さんの幅広い学びの期待に応えることができるようなカリキュラム・指導教員・学習環境・支援システムを整え、一人ひとりの素質を引き出し、卒業後の個性・能力の発揮に結びつくように支援します。

5つのコース

教育学コース

教育者を目指して、知識と指導力の両面を伸ばしていきます。

心理学コース

「教育係」「社会系」「臨床系」の3つの分野から、心の不思議を学びます。

国際教養学コース

ネイティブな外国語を学び、幅広い教養を身につけ、国際社会で活躍できる『人財』を目指します。

スポーツ教育コース

教育現場、プロ競技者、スポーツビジネスなど、スポーツを通じて優れた『人財』を育成します。

ダンスコース

プロからダンスを学び、大学で教員免許が取得できる

全コース、教員免許が取得可能

本学科では中学校〔英語・社会・職業指導・保健体育〕および高等学校〔英語・地理歴史・公民・職業指導・保健体育〕の教諭一種免許状、加えて認定心理士の資格も取得できます。日本語教員のための基磯的な科目の履修もできます。

特に芦屋大学は、子どもの立場に立って、寄り添い励ましたり慰めることで個性を伸ばし、欠点を克服する臨床教育を特色としています。

  • ※認定心理士は、心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力と技能を修得している、と日本心理学会が認定する資格のことです。大学院へ進むときも、就職の際にもアピールポイントとなります。
  • ※認定心理士は、現在のところ心理学コースのみ。

学びのステップ

  1. 基礎教養をバランスよく学ぶ
    基礎教養科目を中心に学びながら、幅広い教養の修得と人間形成を目指します。特に基礎演習では、大学生活への適応・学びの姿勢・基礎学力・コミュニケーション能力・自己理解について重点的に学びます。
  2. 専門教養科目の履修 専門分野の決定
    一人ひとりの興味・関心にもとづいて、専門教養科目を履修します。同時に産業社会の仕組みを理解しながら、将来の進路を模索・探索し、学びの専門分野を決めていきます。
  3. 専門演習で学びを深化
    専門的知識と経験が豊富な教員が指導する専門演習で、学びを深化・高度化させるとともに、専門教養科目では、専門的知識を社会生活上の課題と結びつけて、それらを解決することを学びます。
  4. 将来の自己実現のための具体的な準備
    専門教養科目を学びながら、特に専門演習では学びの総括になる卒業論文を作成します。また、卒業後の進路を絞込み、将来の自己実現のための具体的な準備をします。

「学び」をクローズアップ!

道徳資料から「道徳教育論」へと昇華させるチカラを
昇華する道徳教育論
道徳教育は、道徳資料の分析と検討を中心に行うところが魅力的ではないでしょうか。読み手の心情を揺さぶり、葛藤やジレンマを含む問題を孕み、なおかつ真理発見のためや他人の幸福のために生涯を捧げた人の自伝を題材に議論し、資料から教育理論を導き出す。このテクニックが体験的に修得できます。

TOPIC

兵庫ブルーサンダーズの2軍に所属し、プロを目指しながら教員免許状を取得!

大学で学びながら兵庫ブルーサンダーズの2軍に所属。1軍に登録されれば、Baseball First League公式戦およびリーグ主催の教育リーグへの出場が可能です。また、大学での学びを通して、教員免許状を取得することもできます。

  • スポーツ教育コース以外のコースを選択した場合は、練習時間が少なくなる可能性があります。
  • 芦屋大学は全日本大学野球連盟に所属していません。※兵庫BS2軍に所属すると、日本学生野球憲章に基づく「プロ野球選手」「プロ野球関係者」扱いとなるため、高校教員または大学専任教員として通算2年以上在職した後に、適性審査を経て学生野球の指導が可能になります。

教育学科スポーツ教育コースで取得できる免許

教諭一種免許状

  • 中学校(保健体育)
  • 高等学校(保健体育)