池田 和三

学部 経営教育学部
学科名 経営教育学科
役職名 特任准教授
英文表記 IKEDA, Kazumi

担当科目

自動車整備技術1-Ⅰ・Ⅱ、自動車工学2-Ⅰ・Ⅱ、エネルギー変換工学1-Ⅰ・Ⅱ、エネルギー変換工学2-Ⅰ・Ⅱ
キャリアデザインⅠ経営⑥、自動車ビジネス経営Ⅱ、自動車法規と検査Ⅰ・Ⅱ、自動車整備実習1-Ⅰ・Ⅱ

私からのメッセージ

今の自動車整備士が、仕事でエンジンやミッションを分解することは年に何度もありません。故障自体減っており、整備売上額は激減しています。
ダーウィンの進化論はご存じかと思いますが『生き残るのは強いものではなく、時代の変化に対応できたものである』とされています。
整備売り上げが減少する半面、販売台数は数十年間ほぼ毎年増加しています。
進化論に整備士を当てはめますと、この環境に対応するため『新車・中古車の販売ノウハウ』を持ち、『任意保険の取扱い』や『経理等金銭感覚のスキル』を培えば、整備技術・知識のある人は。まさに業界では鬼に金棒の人材といえます。
また、会社は組織です。お客様と同じように社内の人間関係を大事にするためコミュニケーションスキルが高いことはとても大事なファクターといえます。
さらに、自動車整備士にとって必要不可欠な法律があります。『道路運送車両法』はもちろんですが『リサイクル法』や『個人情報保護法』等々50以上の法律が関係してきます。。
ただ、法律は大変幅広く奥深いこともあり、私の授業では実際に整備工場で発生した苦情を用い、具体的な対策とコンプライアンスを学びます。
ところで最近は『自動運転』をはじめ、様々な新しい技術が目白押しです。システムとして『CASE』や『Maas』といった取り組みもあります。卒業後「習った知識が古くて役に立たない」と言われないよう、最新技術やシステムの知識習得にも心がけます。
自動車業界が必要とする整備士になれるよう、私とともに学びましょう。

研究・社会活動(書籍)など

整備士が知らないかもしれない整備工場の「法律トラブル事例集」4冊

その他